5G対応のiPhone 12シリーズ発表!Appleイベントの内容簡単まとめ【2020年10月】

ようやく”いつもの秋”が到来しました!!待ちに待った新型iPhoneの登場です

Appleは、2020年10月のオンラインイベントにて、iPhone 12シリーズ4機種「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種を発表しました。

冒頭ではティム・クックCEOから、次世代の高速通信規格である5G対応を前面に押し出した形で、iPhone 12シリーズを紹介。

また、イベント冒頭ではHomePodシリーズの新製品として「HomePod mini」も発表されています。

2020年10月のAppleイベントで発表されたiPhone 12シリーズ4機種を中心に、新製品発表内容を簡単にまとめました!

iPhone 12/iPhone 12 mini

エントリーモデルという位置付けである「iPhone 12」。

新たに画面サイズがコンパクトになった「iPhone 12 mini」が加わり、これまでのProラインナップを除くエントリーモデル1機種体制から2機種体制へ追加。

  • 6.1インチのiPhone 12、5.4インチiPhone 12 miniの2モデル展開
  • Super Retina XDRディスプレイ(OLED)搭載
  • 5G対応
  • 前面ガラスに4倍耐久力が向上したCeramic Shield採用
  • スマホ史上最速のA14 Bionicチップ搭載
  • 広角カメラと超広角カメラのデュアルカメラ仕様
  • Dolbi Vision対応のビデオ撮影
  • 高速ワイヤレス充電ができるMagSafe対応
  • 旧型iPhoneを踏襲したようなアルミ素材のエッジデザイン
  • ブラック・ホワイト・グリーン・ブルー・PRODUCT REDの5色展開

エントリーモデルと冒頭に書きましたが、性能を見るとエントリーモデルではなくメイン端末として十分に力を発揮してくれそうなスペックであると思います。

筐体部分をさらに小さくしたベゼルレスデザインを採用し、ディスプレイサイズは従来の6.1インチを維持しつつ、本体を薄く小型化、軽量化も実現しています。

ディスプレイが従来のLiquid Retinaディスプレイ(いわゆる液晶ディスプレイ)から、有機ELであるSuper Retina XDRディスプレイへ格上げ。

液晶表示はコントラスト比も豊かになり、Proシリーズと同じく格段にキレイなディスプレイ表示を体験できるようになっています。

さらに、頭脳部分はProシリーズと同じA14 Bionicチップを搭載。

118億個のトランジスタが詰め込まれ、毎秒11億回もの演算ができる超高速なチップです。Appleがいわく、スマホで最も高速なチップであるとのこと。

この処理性能がどこまでiPhone利用を快適にしてくれるのか、早く実機を使ってみたいものです!

カメラ性能も大きく進化。

さらに明るい撮影が可能な広角レンズ搭載や、スマートHDR 3、Dolby Visionで4K HDRのビデオ撮影ができるなど、高画質撮影機能が満載です。

新しいワイヤレス充電「MagSafe」も気になります。

旧MacBookやApple Watchの充電でお馴染みの、あのカチッとくっつく感覚で、しかも高速ワイヤレス充電できるとあって、かなり便利になりそうです。

加えて、iPhone 12の発表最後には、iPhone史上初となるminiモデル、「iPhone 12 mini」が登場。

iPhone 12の性能そのままに、サイズをさらに小型化した本体は、よりスリムな本体を好むユーザーから爆発的な人気を得そうな予感がしています。

iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max

  • 6.1インチのiPhone 12 Pro、6.7インチのiPhone 12 Pro Max
  • Super Retina XDRディスプレイ採用
  • 5G対応
  • 前面ガラスに4倍耐久力が向上したCeramic Shield採用
  • 高級感あるステンレススチール素材
  • IP68等級の耐水性能
  • スマホ史上最速のA14 Bionicチップ搭載
  • 被写体との深度を正確に測定するLiDARスキャナー対応のカメラ搭載
  • 超広角・広角・望遠の3眼レンズ
  • iPhone 12広角カメラは従来より光量取込27%アップ
  • iPhone 12 Pro Maxのカメラ性能がさらに向上(センサーシフト式光学手ブレ補正など)
  • Dolbi Vision対応のビデオ撮影
  • 高速ワイヤレス充電ができるMagSafe対応
  • 旧型iPhoneを踏襲したようなエッジデザイン
  • パシフィックブルー・ゴールド・シルバー・グラファイトの4色展開

いわずもがな、iPhoneのフラッグシップモデルあるProシリーズから「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」が登場します。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxシリーズとほぼ同等の大きさながらベゼルレス化し、美しい表示ができるOLEDディスプレイは一回り大きく、6.1インチと6.7インチに進化。

ステンレススチール素材を使い、従来のiPhoneで採用されていた角のあるエッジデザインは高級感をかなり出しています。

新色として「パシフィックブルー」が追加され、4色のカラー展開。スペースブラックとして存在していた黒系色は新たに「グラファイト」と名づけられています。ステキなデザイン!

チップはiPhone 12と同じく、A14 Bionicを搭載。

高速な処理がiPhone 12 Proの高性能を大きく支えてくれそうです。

そしてここからがProシリーズの本領発揮部分。カメラ性能が進化がすんごいことになっています。

特にiPhone 12 Pro Maxのみ、焦点距離65mmの望遠カメラを搭載することで、iPhone 12 Proの2倍光学ズームを超え、2.5倍光学ズームが可能に。

さらに、広角カメラには47%も大きいセンサーを搭載し、iPhone 12 Proよりも明るい撮影ができるようになりました。

そして、デジタル一眼レフカメラでよく採用されるセンサーシフト式光学手ブレ補正をiPhoneへ初めて採用し、これまでにない高精度な手ブレ補正を実現。

大きさからMaxシリーズを敬遠していた人も、思わず振りかえざるを得ないようなバケモノなカメラスペックです。

Proシリーズの2機種は、Apple ProRAWという新たなファイル形式に対応し、編集をよりスムーズかつ精細に行えるように進化。

iPhone 12同様にDolbi Vision対応のビデオ撮影ができ、最大フレームレートはiPhone 12を上回る60fpsに対応しています。

イベントの中では映画監督が、iPhone 12 Proシリーズの端末があればいつでもどこでも映画が撮影できるというようなコメントを入れていました。

それほど美しい動画が撮れることに期待は大きく膨らみます!

価格はiPhone 11 Proシリーズ販売時の価格帯を維持し、同程度のものに。

予約開始日・発売日のみ、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxで差があることに気をつけましょう。

予約開始日は、iPhone 12 Proが10月16日(金)、iPhone 12 Pro Maxはその3週間後となる11月6日(金)です!お忘れなく!

HomePod mini

  • コンピューテーショナルオーディオで音質はさらに向上
  • 小さい筐体ながら高音質を実現
  • 家族間のプライベートセキュリティにも配慮したSiri
  • 複数のHomePod miniをおくことで家中連携したサウンドシステム構築可
  • ステレオペアでさらに高音質
  • Apple製デバイスとシームレスに連携
  • インターコム機能で家族間での声のやりとりが可能に

iPhone 12シリーズと前後しましたが、イベント冒頭ではHomePodの新たな新製品として「HomePod mini」が発表されました。

HomePod miniは球体デザインを採用した小型のスマートスピーカー。

小さい筐体ながら360度に高音質が再生できるよう各セクションの動きを最適化し出力しています、

スマートホームに必要なSiriの活用はもちろん、複数のHomePodやその他のApple製端末とインターコム機能で連携ができるようになり、家や外出先にいる家族に対して簡単にメッセージを共有できます。

AppleのHomekitを使いスマートホーム化している人は、特に活躍するスマートスピーカーになりそうです!

価格は10,800円で、11月6日に予約注文、11月16日発売です。

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら