watchOS 4では「キーパッド」が追加、直接番号入力で電話発信が可能!

どうも、NINO(@fatherlog)です。

昨日から公開された「watchOS 4」では、Apple Watchの電話アプリに「キーパッド」が追加されています。

これまで、Apple Watchを使って電話発信しようとした場合、iPhoneに登録されている連絡先・履歴・よく使う項目からしか発信ができませんでした。

今回の「watchOS 4」で追加されたキーパッドを使えば、自由に番号入力することができるので、どこでも電話をかけれるようになります!

 

完全に「Apple Watch Series 3」を意識した新機能

そう、皆さんもご存知のとおり最新のApple Watchである「Apple Watch Series 3」ではLTE通信機能を搭載し、近くにiPhoneがなくても単独で通信利用が可能となっています。

Apple Watch Series 3だけ装着して外出しても、単独で通信可能なのでいつでもどこでも通信機能が使えるというのが最大のメリット。

 

となると、事前にiPhoneで登録した電話番号や履歴を使った方法だけだと、登録されていない連絡先に電話をかけるということが不可能になってしまいます。

 

「watchOS 4」で新たに搭載されたキーパッドを使えば、例え登録されていない連絡先でも自由に入力して発信することが可能となります。

使う方法は簡単で、Apple Watch Series 3のデジタルクラウン(通称:梅干しクラウン)を押して電話アプリを起動後、発信方法一覧の中からキーパッドを選択するだけ。

あとは自由に番号を入力して発信!

いやぁイイ感じです。これで好きなところにApple Watchだけで電話かけられます。

 

この「watchOS 4」のキーパッド追加はどう考えてもApple Watch Series 3を意識した新機能としか思えないですね。

実に便利そうで役に立ちそうな機能です。今までキーパッドがなかった方が不思議なくらい・・・。

登録していない電話番号に外出先で電話かけたいときにどうすればよいんだろうなぁと、前から気になっていたのでとりあえずひと安心です!

Apple Watch Series 3で発信した情報はiPhoneへ共有されるのか

まぁ細かいことをいうと、コレも気になりますねぇ。

Apple Watch Series 3で自由に入力して発信した番号が、同じ電話番号情報を利用しているiPhoneへ共有されるのかどうかということ。

あくまでApple Watch Series 3はメイン端末ではなく、サブ端末としての位置づけがぼくの使い方。

Apple Watch Series 3単体で発信した電話番号や日時などの情報や、iPhoneの方へ共有できるのかどうか・・・。

気になるところです!

 

Apple Watch Series 3を早く使いたいですわぃ!!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!