格安SIM「LINEモバイル」でApple Watch Series 3が使えるか設定してみた!【検証】

どうも、NINO(@fatherlog)です。

Apple Watch Series 3」が無事に入手ができました!最高の美しい仕上がりにただただ見とれてしまっています。

そして、一番の大きな新機能ともいうべきApple Watch単独で利用できるLTE通信機能を色々体感したい!という気持ちでいっぱい!!

ですが、そもそも格安SIMでは使えない可能性が高いというのは周知の事実です。

以下の記事でまとめていますが、格安SIM各社にApple Watch Series 3が利用できるか問い合わせみたものの、「動作確認ができていない端末は動作保証していない」という結論がほとんどなんですね。

 

記事をみていただくとわかるとおり、「動作確認がとれていない=動作保証していない」という回答内容であって、「動作確認がとれていない=使えない」という根本的な否定は各社ともしていないんですよね。

 

こういう言葉のあやで「ん??もしや??」って思う性分なので、実際に検証してみることに!

今回は、格安SIM「LINEモバイル」でApple Watch Series 3のLTE通信機能が利用できるか検証してみました!

 

「Apple Watch Series 3」に立ちはだかる格安SIMという壁

限りなく発売日に近い日程でApple Watch Series 3を入手できたので、開封レビュー書いてます。

購入したのはスペースブラックステンレススチールケース

文字にすると横20文字にもなる何とも長い名前。

外観デザインは芸術品のような美しい仕上がり。所有欲を存分に満たしてくれるアイテムです。

これでLTE通信機能も利用できたら最高だろうなぁー、間違いなく。

でも、ぼくは「LINEモバイル」ユーザー。そう、格安SIMです。

 

冒頭にも書いていますが、格安SIM各社では動作確認していない端末は動作保証をしていないんですね。

ただし、これは裏をとれば「動作保証はしていないけど、実際は使える」ってことなんじゃないでしょうか。詳細はわかりませんが、そういう解釈もできなくはないと思います。

実際に、新型iPhoneが発売されたばかりのころは、MVNOによっては新型iPhoneの動作確認に1ヶ月以上要する場合があります。

この場合も同じく、動作確認ができていない場合は端末の動作保証をされていませんが、実際にSIMカードを挿入すると動作確認端末一覧に記載がなくても使えることが多いです。

つまり、先ほどの「動作保証はしていないけど、実際は使える」理論が成り立つかもしれない!?という安易な考えが浮かぶんですねぇ。

格安SIMを使ってApple Watch Series 3のLTE通信が使えたらもう文句なしの最高の環境です。どうか、頼む!

LINEモバイルでApple Watch Series 3を使えるか検証

では、検証開始!

まずは、通常と同じようにApple Watch自体をiPhoneとペアリングし、設定していきます。

 

と、ここで順番に設定を進めていくとこんな画面が出てきます。

Apple Watch Series 3のみ出てくる「モバイル通信設定」です。

とりあえず設定をタップします。

 

すると、LINEモバイルはドコモ回線なので、dアカウントでのログイン画面が表示されます。

ぼくはドコモユーザーではないので、dアカウントはもっていないのですが、この時点で詰んだなぁと思っていました。

しかし、dアカウントはドコモユーザーでなくても無料で作成できるということで希望の光が!

 

早速dアカウント登録しました。

 

登録したdアカウントを入力しもう一度ログインをタップ。よしいくぞっ!

すると・・・

 

 

 

ん???

 

 

 

 

終わった・・・

 

 

dアカウント登録はできるのですが、ログインするとキャリア回線契約中でないことが判別され、契約手続きをするよう促されます。そりゃそうやな。

 

ちなみに、ドコモショップに電話して確認したら、そもそもドコモで提供するiPhoneとApple Watch Series 3の電話番号を共有するワンナンバーサービス」は、オンラインでの手続きは不可とのこと。

必ずドコモショップ店頭での手続きが必要となります。

 

この時点でどう考えても格安SIMで利用することは不可能ですね。

残念でならない・・・。

Apple Watch Series 3はキャリアへのMNP乗り換えの要因となるかも!?

今回の検証結果からLINEモバイルでApple Watch Series 3のLTE通信利用は不可能」という結論に達しました。

これはLINEモバイルに限ったことでなく、他の格安SIMでも同じような結果になると思います。

Apple Watch Series 3でのモバイル通信設定は、挿入しているSIMカードを判別して、日本国内ではドコモ/au/ソフトバンクのログインページにそのまま繋がります。

ここで必ずキャリア回線契約があるかどうか判別する仕組みになっているので、格安SIMユーザーはこの時点ではじかれてしまいます。キャリアというかなり上流側で制限されているということです。

今後、ドコモ/au/ソフトバンクの各社が、MVNOに番号共有オプションサービスの提供を開始したら利用できる可能性はあるでしょう。

コレが始まらない限りでは、ユーザーが端末側でいくら操作しても、Apple Watch Series 3で通信利用できるように設定することは不可能。

 

現段階では、Apple Watch Series 3でLTE通信利用するには、大手キャリアへMNPか新規回線契約する方法しかなさそうです。

格安SIMユーザーの中でApple Watch Series 3の通信機能を利用したい人は、MNP乗り換えや新規契約を検討しましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!