【Apple Pay】機種変更前必須!Apple WatchのSuicaを削除(待避)する方法

どうも、NINO(@fatherlog)です。

Apple Watch Series 2からはApple WatchでもFelica機能が使えるようになり、Apple WatchでSuica(スイカ)の利用ができます。もちろんApple Watch Series 3も対応!

Apple Watch Series 3も発表されて、これからApple Watchの機種変更をするという人も多いのではないでしょうか!?

Apple WatchでSuicaを利用していてApple Watch本体の機種変更をする場合、Suicaを端末上から必ず削除(iCloudサーバーへ待避)しておく必要があります。

この記事で解説するのは上画像のApple Pay登録フローの手順⑥の作業です。

この待避作業をしておかないと、後々に新端末でSuicaを復旧させる際にかなりの手間と日数がかかります。

 

よって、機種変更後の新端末へ移行作業をスムーズにすすめるためにも、かならず現端末からSuicaの削除(待避)をしておきましょう!

 

今回はApple Watchに登録したSuicaを削除(待避)する方法について解説します!

 

Apple WatchのSuicaを削除する

Apple WatchとペアリングしているiPhoneのホーム画面からWatchアプリを起動し、「WalletとApple Pay」をタップします。

 

「WATCH上のカード」という項目のなかにApple Watchに登録されているSuicaが表示されるので、削除したい対象のSuicaをタップします。

一番下の方に行き「カード」を削除をタップ。そして確認のポップアップが表示されるので再び「削除」をタップします。

 

これでApple WatchからSuica情報が削除され、iCloudのサーバー内に情報が待避されます。

再びApple Watchの新機種へ登録したい場合は、iPhoneのWalletアプリでSuicaを登録後、Apple Watchへ移行するという2段階の登録手順が必要です。

以下記事で解説していますので、よかったら参考にどうぞ!

 

▼Apple Payの使い方や設定方法を完全にまとめた記事もどうぞ▼

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!