Anker 622 レビュー:機動力最強のiPhone専用モバイルバッテリー!ケーブル不要で手軽に充電可!

こんにちは、ガジェットブログ『MONOTIVE』をお読みいただきありがとうございます。
運営管理人のニノ(@fatherlog)です。

iPhone向けの”機動力最強なモバイルバッテリーを購入しました!!

いざという場面でモバイルバッテリーを使いPhoneを充電できる安心感は良いとして、モバイルバッテリーとiPhoneをつなぐ充電ケーブル(Lightningケーブル)を邪魔に感じることありませんか!?

今回レビューするAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)は、ピタッとくっつけるだけでiPhoneをワイヤレス充電できる優れモノ

ケーブルレスという特徴を活かし、外出先での充電中も機動性を失うことなくスムーズにiPhoneを使いこなせるので、手軽かつスマートにモバイルバッテリー充電したいiPhoneユーザーにオススメです!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
目次

モバイルバッテリー「Anker 622」の主な特徴・スペック

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の主な特徴・外観デザイン

Anker 622 パッケージ
Anker 622 パッケージ

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)は、従来のAnker製モバイルバッテリーとは異なり、「MagGo(マグゴー)」というマグネット式のワイヤレス充電機能を搭載。

MagSafeに対応したiPhoneの充電に最適なモバイルバッテリーです!

Anker 622のパッケージ中身一式
Anker 622のパッケージ中身一式

主な特徴やスペックは以下のとおりです。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の主な特徴
  • マグネットでピタッとくっつくワイヤレス充電「MagGo」対応(MagSafe互換)
  • コンパクトサイズ・薄型設計
  • 5000mAhのバッテリー容量で非常用の充電として最適
  • 折りたたみ式スタンド機能搭載
  • 豊富なカラーバリエーション展開
バッテリー容量5000mAh
サイズ約105 x 67 x 13mm
重量約140g
入出力USB-C
5V=2.4A (最大 12W)
ワイヤレス充電出力最大7.5W
対応機種MagSafe搭載のiPhone専用
iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
(※2022年8月現在)
Anker 622の主な仕様スペック
Anker 622の外観デザイン
Anker 622の外観デザイン

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の外観で注目したいのは、コンパクトに仕上がったサイズ感

およそ縦105mm・横67mm ・厚み13mm、重量は約140gという仕様で、これはクレジットカードを若干一回りほど大きくしたサイズ感なので、カバンに入れて持ち運ぶことはもちろん、手の平に持っても、ポケットに入れても違和感のないコンパクトさが魅力です。

容量が5000mAhではありますが、モバイルバッテリー全体で考えると、かなり小さなサイズに属する製品かと思います。

端子はUSB-C入出力×1のみ
端子はUSB-C入出力×1のみ

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)のモバイルバッテリー本体下部には、本体充電用の入力端子かつ出力も可能なUSB-C端子を1つ搭載。

また、バッテリー残量表示用のLEDインジケーターも搭載しています。

Apple純正のiPad用Smart Coverのような出で立ち
Apple純正のiPad用Smart Coverのような出で立ち

背面側は折りたたみ式のシリコンカバーのような構造。

どことなくApple純正のiPad用Smart Coverに似ています。

山折りに広げるとiPhone用スタンドとしても活用可
山折りに広げるとiPhone用スタンドとしても活用可
スタンド機能時は単独でしっかりと自立
スタンド機能時は単独でしっかりと自立

こんな感じで、カバーを山折りに広げて対応iPhoneをくっつけると、ワイヤレス充電しながら同時にiPhone用スタンドとしても活用可能です。

磁力を使ったワイヤレス充電「MacGo」、MagSafeとの違い

MacGoとMagSafeの違いは!?
MacGoとMagSafeの違いは!?

AnkerのMagGo(マグゴー)は、本家Appleのマグネット磁力により吸着しワイヤレス充電できるMagSafe機能と比べ、その仕組みこそ似ていますが、機能面が異なります。

AppleのMagSafeは最大15Wの急速ワイヤレス充電に対応していることに対し、AnkerのMagGoは最大7.5W出力。

ケーブル不要で簡単にワイヤレス充電できる一方で、出力的に急速充電ではないため、ゆったりとした時間軸で充電残量が回復していく感じです。

この辺は、後述のAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)の充電性能検証にまとめています。

Anker 622を使って実際にiPhone 13 Pro Maxを充電検証して感じたこと

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の充電時間とiPhoneのバッテリー残量の検証結果

Anker 622でiPhone 13 Pro Maxの充電を検証
Anker 622でiPhone 13 Pro Maxの充電を検証

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)を使って実際にiPhoneを充電すると、どれくらいの時間でどれほど電池残量が回復するのか…

僕が愛用しているiPhone 13 Pro Maxを使い検証してみます!

充電開始からの
経過時間
iPhone 13 Pro Maxの
バッテリー残量
10分2%
20分9%
30分13%
40分16%
50分20%
1時間23%
1時間10分26%
1時間20分29%
1時間30分32%
1時間40分36%
1時間50分39%
2時間43%
2時間10分46%
2時間20分50%
2時間30分53%
2時間40分57%
2時間50分59%
これ以上回復せず
Anker 622の充電検証結果

開始後10分でやっと2%、30分経過でも13%というようなペース。

決して急速と呼べるような速さではなく、終始穏やかな速度でiPhone 13 Pro Maxの充電残量が回復していく感じです。

2時間50分経過した時点で、Anker 622自体のモバイルバッテリーとしての容量が尽き、iPhone 13 Pro Maxもバッテリー残量59%以上に増えることはありませんでした。

おそらくココが、Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の限界ポイントかと思われます。6割近いバッテリーを回復できました。

もともと、Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)のバッテリー容量は5,000mAh。

iPhone(特にバッテリー容量が大きいMaxシリーズ)を1回フル充電することは、スペックの注意書きにもしっかり明記されているので、これは相応の結果と考えられます。

スタンド利用しながらワイヤレス充電できてiPhoneを最大限活用可能

スタンドとして活用できる
スタンドとして活用できる

Anker 622搭載のMagGoは、ゆったり出力による穏やかな充電速度である一方、機能面で優れたメリットがあります。

その1つがワイヤレス充電中にiPhone用スタンドとして利用できること

ほどよいスタンドの傾斜角度
ほどよいスタンドの傾斜角度

ワイヤレス充電をしながらスタンド利用ができ、WEBブラウザやSNSを見たり、スマホゲームをプレイしたり、YouTubeなどの動画を閲覧したりと…めっちゃ便利!

ワイヤレス充電しつつ、ほどよいiPhoneディスプレイ角度をキープしてくれるのでイイ感じです。

横置きスタンドとしても使える
横置きスタンドとしても使える

こんな感じで横置き設置にも対応し、全画面表示でYouTubeやサブスク動画を見るには最適。

iPhoneのバッテリー切れが心配なときであっても、ほどよく充電しながらバッテリー気にすることなく動画コンテンツを楽しめます。

ケーブル不要のワイヤレス充電により、iPhoneの機動性が高い

ケーブルレスなのでiPhoneの機動性が高い

Anker 622搭載のMagGoは、ケーブルを一切接続することなく、しかもピタッとくっつけるだけで簡単にワイヤレス充電でき、見た目も使い勝手もとてもスッキリしています。

このスマートさからワイヤレス充電しつつもiPhoneの機動性を高い状態でキープできます!!

例えば、くっつけて充電しながら手に持って電車移動する、という場面を想定してもケーブルの煩雑さとは無縁。

一般的なモバイルバッテリー最大のデメリットは、充電中はモバイルバッテリーとiPhoneをケーブル接続していなければならず、機動性がかなり落ちてしまうことにあります。

デスクに置いたままならまだしも、外出での移動中、iPhoneのお尻からながいしっぽがモバイルバッテリーへと続くような状態だと、想像しただけで煩わしい気分になりますね…。

モバイルバッテリー本体のコンパクトさ、MagGoによるスッキリかつスマートなワイヤレス充電により、充電中もiPhoneの機動性を高いまま活用できる点は大きなメリットです。

急速充電を求める人には不向き。物足りなければUSB-Cの有線接続充電の活用を!

急速充電を求める人には不向き
急速充電を求める人には不向き

普段から、MagSafeを使ったiPhone充電や、高出力のアダプターとUSB-C – Lightningケーブルを使ったiPhoneの急速充電慣れしている人にとっては、Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)によるバッテリー残量回復はかなり遅く感じてしまうのも事実。

例えば、USB-C – Lightningケーブルを使った高速充電では約30分で50%近いバッテリー残量へ回復するの対し、Anker 622ではわずか13%のバッテリー残量にとどまり、その差は歴然です。

時間がない中でできるだけ効率良く高速に充電したいと考えている人には、Anker 622のMagGoを使ったワイヤレス充電は不向きです。

いざっ!!というときは、USB-Cケーブルを有線接続して最大12W出力の充電もできるので、MagGoの穏やかなワイヤレス充電よりは頼りになります。

まとめ:iPhone専用の「ちょこっと充電モバイルバッテリー」として最適!

普段使いのちょっとしたモバイルバッテリーとしてピッタリ!!
普段使い用のちょっとしたモバイルバッテリーとしてピッタリ!!

モバイルバッテリーは「大容量」「高出力」「多ポート搭載」…といった様々な特徴をもった製品で溢れかえり、一体、どのモバイルバッテリーが良いのかと悩んでも決めきれないほどです。

今回レビューしたAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)は、MagSafe対応のiPhone専用モバイルバッテリーとして、ケーブル不要でワイヤレス充電中も高い機動性を保てるという大きな特徴を持っています。

従来のモバイルバッテリーの「かさばる」「重い」「ケーブルも一緒に持たなければならない」といったデメリットを解消し、「こじんまりとしたスマート感」があふれている感じです。

まさに、日常使いのモバイルバッテリーとして最適なアイテム!!

毎日の通勤・通学はもちろん、ちょっとした外出の時にも、気兼ねなく持ち運べ使えるiPhone用モバイルバッテリーとしてピッタリです。

MagSafe対応のiPhoneユーザーの方は、ぜひ「Anker 622」をチェックしてみてください!!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次