【レビュー】北欧スウェーデン発のデザイン抜群なBluetoothイヤホン「VASA BLÅ」はマイルドな音が特徴的で心地良い!

vasa-bla-01

「スウェーデン」、「ストックホルム」と聞くと、北欧って印象がパッと思い浮かびます。その響きだけでも、何となくオシャレだなぁーと感じるのはぼくだけでしょうか。

今回は、北欧スウェーデンのストックホルムに本社を置くライフスタイルブランド「Sudio社」より、ワンランク上の高音質Bluetoothイヤホン「VASA BLÅ」を提供していただいのでレビューします!

記事最後には、当ブログ限定の15%OFFで購入できるクーポンも載せてあるので、気になる方はどうぞ。

 

VASA BLÅの仕様・スペック

ライフスタイルブランドである北欧スウェーデンSudio社は、エレガントなデザインや機能性を兼ね備えたクオリティの高いイヤホンを取り扱っています。透き通るような洗練されたシンプルなデザインが特徴的。

実際にSudio社のページにあるLOOKBOOKをみるとInstagram上に投稿されたイヤホンとは思えないようなセンスある写真の数々が掲載されています。こんな写真撮ってみたい!

 

今回紹介する「VASA BLÅ」(ヴァーサブロー)はSudioが扱うイヤホンの最上位モデル

主な仕様・スペックは以下のとおりです。

製品名 VASA BLÅ
接続 Bluetooth4.1
重さ 14g(業界最軽量級)
材質 アルミ
電源 最大8時間
カラー ローズゴールドホワイト/
ローズゴールドブラック/
ピンク/ブルー

機能面をみてみると、リモートマイクを使用したハンズフリー通話も可能で、Bluetoohtイヤホンとして基本的な性能は他社製品と一緒ではありますが、わずか14gという軽さながら電源が最大8時間もつという点は特徴的な部分といえるでしょう。

 

VASA BLÅ 外観レビュー

vasa-bla-02

このガチャガチャ感のない透明感あるデザインが、さすが「北欧」って感じがします。北欧系の大型家具店舗であるIKEAもこんなイメージですよね。北欧っていいですなぁ。

 

パッケージはブック型に開きます。

vasa-bla-03

中からは、しっかりとした衝撃緩衝材に囲まれるように2つの白い箱が。

1つにはイヤホン本体が、もう1つには、レザーケース・アクセサリ類・マニュアル等が入っています。

 

すべて広げてみました。

vasa-bla-04
  • VASA BLÅ イヤホン本体
  • 充電用USBケーブル
  • イヤーピース(小・中・大・特大)
  • ケーブルクリップ
  • レザーケース
  • オーナーズマニュアル
  • オーナーズカード
  • クイックスタートガイド

これだけのモノがあのオシャレなブック型パッケージの中に入っています。

黒いオーナーズカード(と訳していいのかはわからないが、Guarantee Cardのこと)には、製造番号が刻印されていて、所持しているユーザーとしては何だかプレミア感が増します

こういう細かい気遣いがワンランク上の製品という評価につながるんだろうな。

 

こちらは、イヤホン専用のレザーケース。

vasa-bla-05

まず、見た目で思うのが「これ、本当にイヤホンのケースかよ!」という驚き。

本革の柔らかいケースの中に、イヤホンを入れて保管しておくという何とも言えない贅沢さ。北欧クオリティはこういうことなのか。ケース段階から目で見て楽しめます。

デザインも素敵なので、ガジェット好きにはたまらなく物欲を満たしてくれますねー。

 

続いてBluetoothイヤホンの本体。ケーブルは今流行のきしめんタイプの平型ケーブルです。きしめんっていうと北欧っぽくないですね。フェットチーネタイプとでも言いましょうか。

vasa-bla-06

触ってみてグニャグニャしてみると、廉価製品である他のBluetoothイヤホンにみられるような平型ケーブルとはちょっと違うと感じました。コードがやわらかくフレキシブルに動きながらもある程度耐久力がありそうなしっかりとした感触なので、断線の心配もなさそうです。

小さなマジックテープ式バンドが付属されているので収納時もコンパクトにケーブルをまとめることができます。

 

VASA BLÅはカナル型イヤホン

耳の穴に装着した場合の密閉性が重要になります。先ほどの付属品にはイヤーチップが4種類も含まれているので、たいていの人の耳には適応するはずです。音質をフルに楽しむためにも、丁度良いチップを装着して耳にはめるのがポイントです。

vasa-bla-07

ハウジング部分は、本体カラーのローズゴールド仕様になっています。

vasa-bla-08

ローズゴールド部分はメッキ仕上げになっていて、キラキラとした存在感を見せつつも、淡い色合いがエレガントな雰囲気を出しています。マット仕上がりなiPhoneのローズゴールドにメッキ感をプラスしたような印象です。

 

こちらはリモコンユニット部分。右耳側のケーブルに付いています。

vasa-bla-09

電源ON/OFF、ペアリング、再生/停止、曲送り/曲戻しといった一連の動作はすべてここでコントロールできます。主な操作方法は以下のとおり。

電源ON/OFF 中央ボタンを3秒長押し
ペアリング 中央ボタンを5秒長押し
(青と赤が交互点滅)
音量大 +ボタン
音量小 ーボタン
曲送り +ボタン2秒長押し
曲戻し ーボタン2秒長押し

 

+ボタンの上にはLEDインジケータも搭載。

vasa-bla-10

ペアリング時の交互点滅、電源ON/OFF、充電完了サインなどをインジケータの色で確認可能です。

スポンサーリンク

VASA BLÅの気になる音質は!?

vasa-bla-11

とりあえず3日間ほど使用してみた感想です。イコライザでの調節は評価が偏らないように「Flat」にしています。

単刀直入にいうと、音質は「マイルド」という評価。個人的な感覚として、よく言われるフラットな音質が一歩先へ進化版のような位置付けです。

 

比較対象として聞いてみた主な曲はこんな感じ。

  • MONOEYES「Run Run」
  • ELLEGARDEN「Space Sonic」
  • RADWIMPS「前前前世」
  • Tenth Avenue North「Love is here」
  • Celine Dion & Peabo Bryson「Beauty and the Beast」
  • チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」
  • ドビュッシー「アラベスク第1番」

個人的にエモいロックな曲が好きなんですが、低音が非常に心地よいです。主張しすぎず、じんわり響かせるような低音の効き具合。ホント絶妙です。

中音と高音に関しては、フラットに伸びるような音が印象的です。それぞれの音が突き抜けるような刺すような音ではなく、先を丸く削ったような「マイルド」な音がじんわりと広がっていきます。クセが全くない音です。

ピアノが響くような曲でも、高音が刺さるような音で伸びるのではなく、丸くして全体的に空を押し上げるような広がり方をしてくれます。女性ボーカルのビブラートが聞いた声もまさにそれ。ダイレクトにただ入ってくるのでは、一つ一つの音を優しく包んだような音が聞こえてきます。

「マイルド」というと音がこもったような印象を与えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。音の一つ一つの解像度は高い。シャカシャカするような抜ける音もなし。その解像度の高い主張しすぎない音が耳に優しく入っていくので、とても聞きやすいんですよ。まさに毎日でも聞きたくなる音質!

イコライザでRock、Bass Booster、クラッシックなど曲に合わせて調節をしてみましたが、音がさらに際立って本当に快適!

装着感に関しては本体が14gと軽いので、ほぼ「無」に近いですよ。ケーブルが煩わしいと思うことも、ハウジングが思いと感じることもなし。2〜3時間連続して耳にはめていても痛くなることもなし。装着感は非常に良いです!

 

ワンランク上のイヤホンで心地良い音楽を楽しむ!

vasa-bla-13

VASA BLÅはワンランク上の性能を備えたスタイリッシュなイヤホンです。

高音質なイヤホンを探している人北欧チックなオシャレデザインが好きな人には本当にオススメ!

 

今回はFatherLog読者の方に特別に・・・ということで15%OFFになるクーポンコードも提供いただいてます。購入ページのディスカウントコードという欄で入力してください。

クーポンコード→  NINO

 

「北欧スウェーデンのイヤホンを海外から買うことなんてハードルが高い」なんて心配しなくてもOK!

日本ではビッグカメラやヨドバシカメラといった家電量販店やPLAZA、LOFTの一部店舗でも購入できますが、一番簡単なのはオンライン購入です。

オンラインの日本語サイトから簡単に購入可能。しかも配送料無料とはありがたい。
配送方法はExpressとExpress Goldの2種類があります。Goldの方は追加で800円かかるかわりに、荷物追跡可能になり少しだけ配送日が早くなります。まぁ配送料無料の方で十分です。

クーポンコード適用すれば、最安で9,166円で購入できます。

vasa-bla-12

気になる方はチェックしてみるべし!!

vasa-bla-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!