【レビュー】北欧発のオシャレなデザインが魅力!Sudio製ワイヤレスヘッドホンを1週間使ってみた!

時代はもはやワイヤレス化の流れが加速。

どうも、NINO(@fatherlog)です。

北欧のストックホルムに本社を置き、オシャレなデザインが特徴的なオーディオブランド製品を扱うSudio社より、Bluetooth対応したワイヤレスヘッドホン「Regent」を提供いただきました。

同社では、初のワイヤレスヘッドホンということで、期待が高まります。

今回は、ワイヤレスヘッドホン「Regent」を1週間使ってみて分かった特徴や機能のレビューを紹介!

記事の最後には、ブログ読者限定の15%OFF割引きクーポンもあるので、ぜひどうぞ!

 

Sudio製ワイヤレスヘッドホン「Regent」の外観レビュー

sudio-regent-review-02

Regent(リージェント)は、Bluetoothに対応したSudio製では初となるワイヤレスヘッドホンです。

Sudio社は北欧スウェーデンのストックホルムに本社をおくオーディオブランドで、高品質で機能性の高い製品であるのはもちろん、製品デザインがとてもオシャレなのが特徴です。

以前、ワイヤレスイヤホンのVASA BLAをレビューしていますが、そのデザイン性は別格なものがあります。

【レビュー】北欧スウェーデン発のデザイン抜群なBluetoothイヤホン「VASA BLÅ」はマイルドな音が特徴的で心地良い!

2016.10.05

 

エレガントさが溢れる本体

パッケージを開けると、ヘッドホンが登場。プレミアム感というかエレガントな感じがものすごく伝わってきます。パッケージデザインも高級感がありますね。

sudio-regent-review-03

スリーブから本体が収納されているケースを引き出すと、箱横には製品名「REGENT」の文字。こういうデザイン好きだぁ。

 

今回レビューしているのは「ホワイト」モデル。ヘッドホン本体は2色展開で「ブラック」モデルもあります。

 

sudio-regent-review-04

ホワイトモデルは、その名前のとおりヘッドバンド・スライダー・ハウジング・イヤーパッドに至るまで全てのパーツが真っ白な雪のように白色が美しく輝いています。

ヘッドバンドとハウジングを結ぶ部分は、金メッキが施されたフレームのみでかなりスッキリとした印象

折りたたみ式デザインも採用されているのでコンパクトにたたんでしまっておくことが可能です。

 

ボタンが3つで操作性もシンプルに

sudio-regent-review-05

本体操作や曲コントロールなどは、右耳のハウジング部に設置されている3つのボタンで行います。

上が音量大ボタン、真ん中のボタンが電源ボタン、下のボタンが音量小ボタンとなっています。それぞれのボタンには複数機能が割り当てられています。

  • 音量大ボタン・・・短く押すと音量大、2秒長押しで曲送り
  • 音量小ボタン・・・短く押すと音量小、2秒長押しで曲戻し
  • 電源ボタン・・・短く押すと電源のON/OFF。電源ON後押し続けるとペアリングモード。2回早く押すと音声アシスタントのSiriを起動可能。

ボタンにはマイクも内蔵されているので、ハンズフリー通話もできますよ。

 

ヘッドバンドやイヤーパッドは「ふっかふか」

sudio-regent-review-06

ヘッドバンドやイヤーパッドといった顔と接触する部分には、やわらかなクッション素材が採用されています。

このふっかふかの感触が気持ち良いので、長時間使用しても疲れにくいです。

 

付属品をチェック

本体パッケージには説明書一式が付属されています。クイックスタートガイドなど基本的には英語表記なんですが、分厚い「オーナーズマニュアル」には日本語でも操作方法が記載されているので安心です。

sudio-regent-review-07

 

中でも「GUARANTEE CERTIFICATE」と書かれた黒色のカードがあるのですが、これは製品1つ1つに割り振られたシリアルナンバーが記載されたもの。こういう演出もプレミアム感を増してくれますね。

sudio-regent-review-08

 

その他、USB充電ケーブルと有線接続用の3.5mmステレオケーブルも付属されています。Bluetoothが使えない飛行機内などでも有線接続で使用することができます。

sudio-regent-review-09

本体は10分クイック充電に対応しています。フル充電にするには120分が必要。

フル充電の状態で24時間連続再生の電池持ちです。1日使用することを考えたら十分な時間が確保できていると思います。

スポンサーリンク

Regentを1週間使ってみた感想や使い心地レビュー

普段はBOSEのQC35を愛用している僕ですが、この「Regent」を1週間使ってみたので感想使い心地などレビューします。

 

ワイヤレスヘッドホンの音質は!?

sudio-regent-review-10

ヘッドホンでは、一番大事なところですね。

「Regentの音質はどうなのか!?」・・・

 

sudio-regent-review-11

個人で的な感想ですが、少し辛口に結論から先に言うと「完璧な高品質まであと一歩」と感じています。

 

高音部に関しては、抜けがよく響き渡るような音が広がります。クラッシックのピアノ曲や女性ボーカルがメインの曲ではこれを顕著に感じることができます。透き通るような音が聞けるので耳にとても優しいです。

中音部に関してはバランスの取れた音。じわーっと聞かせるように幅のある音が広がるので、シャリシャリしたような音が聞こえることが少ないです。

低音部に関しては、ライトで軽い音質。曲に馴染むようにフンワリと低音が効くようなイメージかな。決してドンボコするような感じではないです。

僕は正直この部分が少し物足りないと感じてしまった。EDMやロック系の音楽などでドンドンボコボコとがっつり低音を効かせたいタイプの人にはあまりオススメできません。

 

好みによって分かれると思いますが、この低音出力の評価でワイヤレスヘッドホン「Regent」の評価は分かれてくると思います。

ライトに優しい感じにまとまった音が好きであれば、最適な音質のヘッドホンであると言えますね。

 

装着感はピッタリめ

sudio-regent-review-12

顔に装着したときの装着感はかなりピッタリめです。歩いたり走ったりして振動が生じる行動をしてもセットした位置からズレることがほとんどないので、イイ感じ。

反対に長時間使用すると人によっては締め付け感を感じてしまうかもしれません。イヤーパッドやヘッドバンド部は前述のとおりソフトレザーでふっかふか・ふわふわ素材なので、顔面との接触部は心地良いです。

 

sudio-regent-review-13

髪型などが気になるなど、ヘッドバンドを緩めに付けたいというようであれば、金メッキのフレーム部分を調整することも可能です。

 

有線接続もできるので便利

sudio-regent-review-15

基本的なワイヤレスヘッドホンですが、Regentは有線接続にも対応しています。

付属の3.5mmステレオジャックケーブルを使用すれば、有線接続でも再生できます。

 

sudio-regent-review-14

ケーブルは流行りの「きしめん」タイプ。平型形状なので絡まりにくいので使い勝手が良いです。

1週間の中では飛行機利用をするタイミングがなかったのですが、一部の機材ではBluetoothが使用可能になっているものの、Bluetoothが使えない機材では有線接続が必須になってくるので、そんな場面では役に立ちますね。

 

キャップを着せ替え交換してデザインのアクセントに!

sudio-regent-review-16

同じデザインで毎日使用すると飽きがきてしまう・・・という人には着せ替えがオススメ!

ハウジングのキャップをオプションで4種類のキャップに交換することができます。

sudio-regent-review-17
  • White Marble(ホワイト マーブル)
  • Selva Rossa(セルバ ロッサ)
  • Black Marble(ブラック マーブル)
  • Selva Azurro(セルバ アズーロ)

着せ替えも簡単で指2本を使って押さえながらくるっと90度回転させれば外れます。

sudio-regent-review-18

キャップを入れ替えるだけで印象がガラッと変わるので、デザインのアクセントに良いです。

 

高級感あるヘッドホンはプレゼントにも最適な一台!

sudio-regent-review-19

ワイヤレスヘッドホン「Regent」は、エレガントで高級感あふれるデザインがとてもGood!

音質もマイルドで高音域が透き通る様な音質は特徴的。

自分で使用するヘッドホンとしてはもちろん、プレゼントにも最適な1台だと思います!

 

公式ページでの販売価格は17,599円ですが、FatherLogの読者限定ということで、以下の15%OFFクーポンをもらっています。無期限で使えるので購入したい方はぜひ使用してくださいね!

【15%OFFクーポンコード】   NINO

 

日本では付加価値税がTax Freeとなるので、この15%OFFクーポンと併用して5,000円以上値引きできます。

sudio-regent-review-20

 

スウェーデン製の製品ですが、日本までの通常配送料金は無料
注文すると黄色い看板でお馴染みの業者「DHL」が3日〜5日程度で届けてくれます。ぼくの場合は4日ほどで、はるばる北欧スウェーデンから日本の自宅まで配送されました。

12月18日まではクリスマス仕様のプレゼント包装や着せ替えキャップ1点が無料となっているのでお見逃しなく!

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!