Spigen製「iPhone 7/Plus」保護ケースの製品ページが既に公開!やはりイヤホンジャックは廃止、Plusのみデュアルカメラ搭載で確定!?

Spigen-iPhone-7-01

意図的なのか、それとも誤ってしまったのか!?

iPhoneをはじめとしたモバイル端末のアクセサリブランドである「Spigen」の米国サイトで、すでにiPhone 7及びiPhone 7 Plusの保護ケース製品ページが公開されています。

ページ内の製品画像から、やはりiPhone 7/Plusではイヤホンジャックは廃止され、iPhone 7 Plusのみデュアルカメラを搭載していることが確定的となっています!

 

SpigenのiPhone 7/Plusの保護ケース製品ページが既に公開中!

iPhoneケースなどのモバイルアクセサリーでお馴染みのブランド「Spigen」の米国サイトでは、「iPhone 7及び「iPhone 7 Plus」の保護ケースが公開され、現在予約注文することが可能!

なお、配送は10月になる見込み。ステータスが 、Pre-Order(Ships in October)となっています。

現在のところ、iPhone 7の保護ケースは18種類、iPhone 7 Plusのケースは15種類公開されています。

 

イヤホンジャックは廃止で確定!?

Spigen-iPhone-7-02

製品画像を見てもわかるとおり、本体下部の端子を中心とした両側はシンメトリーな構造になっていて、イヤホンジャック用と思われるような丸穴はありません

対象的に配置されたスピーカーグリルようの細長い丸穴があるだけ。

ディスプレイの背景もiOS10と思われるイメージにしっかりとなっています。

Spigen-iPhone7-03

現時点で公式ページで予約発売開始しているわけですから、これはもうイヤホンジャックの廃止は確定で間違いないですね。

スポンサーリンク

iPhone 7 Plusのみデュアルカメラ搭載

続いて、Spigen保護ケースのiPhone 7 Plusのページ。

Spigen-iPhone7-04

製品画像を見てみると一目瞭然ですね。

背面カメラが横に2つ並んでいて、堂々とデュアルカメラが搭載されていることがわかります。また、こちらもiPhone7と同じくイヤホンジャックはないですね。

デュアルカメラが搭載されれば、より一眼レフに近いような高精細な写真が撮れるので、写真画質にこだわる人にはオススメな機能。

個人的には、サイズ感を考慮した上で、今まで使っていた5.5インチのiPhone 6 Plusから乗り換えて今回はiPhone 7にしようと思っていましたが、デュアルカメラがiPhone 7 Plusのみ搭載ということになると、やはりPlusシリーズにとどまりそうです。

 

9月7日に発表され下旬には発売開始されるということを考えると、現時点でアクセサリメーカーは製品データを把握しているだろうし、製品自体ができあがっていても不思議ではないです。

現在このページは、米国サイトのみに存在し日本版のサイトにはまだページがありません。また米国サイトもトップページからのリンク等は特にないので、閲覧するには直接このページへアクセスする必要があります。

(via Spigen

 

 

Spigen-iPhone-7-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!