入門機にオススメ!高音質で低価格なBluetoothイヤホン「Q10」

SoundPEATS-Q10-01

どうも、NINO(@fatherlog)です。

お出かけや運動時に音楽を楽しむのに欠かせないイヤホン。

イヤホンといっても有線タイプと無線タイプがありますが、有線式のイヤホンより無線のBluetoothワイヤレスイヤホンの方が、文字通り線が無くて邪魔にならないので便利!スッキリと装着することができます。

今回は、”イヤホン界のユニクロ”ことSoundPEATS社のBluetoothイヤホン「Q10」を提供いただいたのでレビューします!

Bluetoothイヤホン SoundPEATS Q10

ブラックカラーで製品写真が大きく印刷されたシンプルな外箱。

手のひらサイズで、箱をもった印象は「軽い」ですね。

SoundPEATS-Q10-02

 

では、早速外箱をOPEN!

SoundPEATS-Q10-03

中からはSoundPEATSお馴染みのイヤホン専用ケースが登場です。

しつこいですが、コレ、イヤホン専用ケースなんですよ。触ってみると分かるんですが、外側が低反発クッションのような材質となっていて耐衝撃性があり、イヤホンを傷や衝撃から十分保護してれそうな立派なモノです。

 

ここで箱の中身一式を確認。

SoundPEATS-Q10-04
  • Bluetoothイヤホン本体
  • 充電用USBケーブル
  • 交換用イヤーピース(大・中・小)※デフォルトで中が装着済み
  • イヤホンケース
  • 取扱説明書(英語)

説明書は英語ですが、ペアリングと音量調節などちょっとした操作だけなので読めなくても問題ないですね。感覚的に分かる部分が多いです。

 

Q10 外観レビュー

SoundPEATS-Q10-05

本体右耳部分にメインのボタンが集結。「電源」ボタン、「+」ボタン、「ー」ボタンと3つ付いています。

初回起動時は電源ボタンを長押しして起動するとすぐにBluetoothペアリングモードになるので、対応機器で検索することができます。ちなみに電源をいれると女性の声で「Power ON」と鳴ります。めちゃめちゃ発音いいです。

イヤホン本体自体がかなり小さいので、指先でこの3つのボタンを押し分けるのは最初は少し難しいという印象。慣れるとそれなりにスムーズに押せます。

少しやっかいなのは、「+」「ー」ボタン。

感覚的にはボタンを一回おすと音量調節ができると思いがちですが、普通に1回押す場合は曲送り/曲戻し機能が働きます。

音量を調節したい場合は「+」「ー」ボタンをそれぞれ1秒以上長押しします。慣れない内はこの操作を間違えてしまい、音量を大きくしようとしたものの1回ポチっと押したら局途中で次の曲に変わってしまったりなんていうトラブルも。できればこの長押しと短押しで対応している機能を逆転してもらえるとありがたいなぁと感じました。

SoundPEATS-Q10-06

ハウジング部分はこんな感じ。

Q10イヤホンは、カナル型イヤホンなので、耳の穴にピッタリを挿入して装着。イヤホン部分は内側が赤色にライニングされていてアクセントが効いているので、ちょっとオシャレ感Good。

装着時はズレ防止のためにフックを使用して耳にかけます。

 

SoundPEATS-Q10-07

同じく右耳部分の側面にはUSB充電用のケーブル挿入口があります。フタがしっかりとついているので、ほこりやゴミ等が侵入することもないので安心。

肝心の充電性能ですが、充電2時間で5時間使用することができます。日常的に使用することを想定しも十分な稼働時間です。

 

SoundPEATS-Q10-08

Q10のコード部分。これもSoundPEATS製品ではお馴染みですが「きしめんタイプ」の平たいケーブルが特徴的。

普通の断面が丸いケーブルとは違い、コードがよれたりからまったりすることがないです。使っていてもコード自体に耐久製がありそうなので長期間の使用にも耐えうると思います。

Q10の付属品には、コードを調節するクリップのようなものはついていません。むしろ必要ないですね。というのも、以前の製品を比べてコード部分の長さが首の周りを通すのにちょうど良い長さになっているので調節する必要がないと思います。

スポンサーリンク

Q10の音質は!?

SoundPEATS-Q10-09

イヤホンの大前提として音楽やラジオなど、「音」を楽しむワケですからやっぱり音質は気になるトコロ。

Q10はBluetooth式のイヤホンなので無線による雑音やノイズが入るかなと思っていたのですが、全くそんなことはありません!

音質は「想像以上に良かった!」です。

イヤホンというと、高音域や中音域が強く低音がどうしても弱いなという印象を受けがち。

しかし、このイヤホンの驚きはしっかりと低音域の音も厚みのある音で表現してくれるトコロ。ぼくはエモロック系をよく聞くんですが、大音量にしても音が割れることはありませんでした。

カナル型のイヤホンなので、適正なサイズのイヤーピースを使用して耳の穴にピッタリと装着すれば外部との音も遮断されるので、純粋に音を楽しむ環境ができて、高音質を味わうことができます!

もちろん低音だけでなく、中音域や高音域もしっかりと音がでますので、本体価格からすれば申し分のないほど高音質な音を出力できていると感じました。

装着感についてですが、フックがついているのでランニングで使用してもポロッと落ちることもありません。フック自体は柔らかいゴムのような素材で出来ていて結構自由な角度に曲がります。ユーザーそれぞれの耳の形に沿ってフックをかけることが可能。実際、全く違和感なく装着することができました。装着感も0に近いですね。

 

外出時にオススメなBluetoothイヤホン Q10

製品自体は生活防水仕様なので、スポーツ使用には最適。ちょっとした雨の中でのランニングでも大丈夫ですね。

Bluetoothワイヤレスなので線も邪魔にならないですし、これだけの機能を持ち合わせていながら、価格はリーズナブル。

スポーツ時に使うBluetoothイヤホンを探している方Bluetoothイヤホンを試しに使ってみたいけどまだ1台も持っていない方の入門機としてもオススメです!

SoundPEATS-Q10-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!