プロフィール

Profile_title

こんにちは!

プロフィールページにお越しいただき本当にありがとうございます!

このブログ「FatherLog(ファザーログ)」を運営している1児の父ちゃんブロガーことNINO(ニノ)です。

 

コレをみていただいているということは、ちょっとでも私に興味をもってもらえたってことですよね!?^^

嬉しい限りです。

このページを読んで、ちょっとでも私に興味を持ってもらいSNSでフォローRSS登録してただけたら、あなたが見ている画面の奥で飛び上がって喜びます!

 

『FatherLog(ファザーログ)』について

ブログを通して「そぉか!」「なるほど!」「へぇー!」と読者の方に感じてもらい、日々の生活や人生が少しでも幸せで豊かになるような一助となればと思っています。

この「ブログ」という場所を通じてみなさんと繋がっていけることを喜びとして感じています。

 

発信していること

FahterLogでは以下のようなことを発信しています。

・iPhoneやMacなどのApple製品全般

・ガジェット全般

・テック関連のニューストピック

・WEBサービスのニューストピック

・育児奮闘中父ちゃんならではの子育てに関すること

・旅行に関すること

・僕の考えや信念

・WordPressやブログ運営に関すること

・その他僕が興味・関心があること

 

英語力はそこそこ。海外系ブログやニュースサイトから気になるトピックを引っ張ってきたりもします。

見てわかるように一言では表せないんですが、全体的にデジタル成分多めの雑記ブログになってます!

ブログタイトルの由来

Father(父)とLog(記録)という2つの言葉をつなげたFatherLog(ファザーログ)という造語です。

僕が考えるブログ像は、上記のような僕自身が”発信したいこと”を日々継続して「記録」していく場所なんです。そしてその記録をみなさんに見ていただき、少しでもお役に立てれば何よりも嬉しいんです。

FahterLogはそんな思いを込めた言葉です。

 PapaじゃなくてFahterを選択した理由

同じ父親、お父さんを指す「Papa(パパ)」と「Father(ファザー)」という言葉があります。

最近では父親のことをPapa(パパ)と呼ぶ家庭も多いでしょう。

実は、FatherLog(ファザーログ)っていう造語を作るときの候補に「パパログ」って言葉もあったんです。響きがいいしパパログにしようとも思ったんですが、結局やめました。

というのは、「Papa(パパ)」という言葉はふんわりとした言い方で、なんとなくかわいい柔和な印象がある言葉だと感じています。

一方「Fahter」という言葉は、ちょっと堅苦しいスマートな印象を受けました。

ぼくの場合、体がデカいんであんまりPapa(パパ)ってかわいい感じ言葉が似合わないんですね(笑)^^

子どもの前では、Fatherという言葉のように紳士的でシュッとしたカッコイイ存在(体型は別として)でありたいと思っています。

 

管理者NINOの生い立ち

ぼくは大阪出身の父と母の間に生まれました。

小さいときから落ち着きがなくチョロチョロ動きまわる活発なほうでした。

歩道を歩くときは必ず縁石の上を歩くタイプですね。あれって運転者からすると「危ないなーこの人」って思いますよね。その”危ない人”でした。よい子はマネしないでね^^

 

中学受験目指して勉強ばかりの毎日

母親がいわゆる教育ママだったため、わけもわからずに”中高一貫校”なるものを目指して毎日塾通い。小学生ながら放課後は勉強しかしてなかったなぁ。正直イヤでしたね。

その後、父親の転勤により地方へ引っ越し。

そこで待っていたのは中学受験とは無縁な毎日。

友達と遊んで過ごす地方生活はとても楽しいものでした!

当時流行っていたのはミニ四駆とハイパーヨーヨー。毎日こればっか友達としてました。

 

中学生でネット世界への興味が出始める

中学生になると有名私大付属高校を目指し再び塾に通うように。

この頃も勉強ばかりしていた記憶が濃い。

そんな傍ら、Windows95が発売され世の中が湧いていた当時、わが家にもNECのバリュースターというPCがやってきました。父親に操作方法を教えてもらいながら、夢中でいじってましたね。

ぼくの中ではMicrosoft Chatというソフトが流行っていて、外人さんと訳も分からずチャットしてました。今考えたら英語力は初心者でしたが何を会話してたのか謎です。

ジオシティーズというWEBサービスを使ってHP作りすることも友達との間で流行ってました。簡単なHTMLをタグ解説書から必死に覚えてサイト作成。毎日空の写真をとってUPするだけのコンテンツ内容の薄っぺらいサイト作ってました(笑)^^ 中学生って何考えてるかわからん。

これが今のブログ発信の原点かなと思ってます。

 

大学の附属高校から大学にそのまま進学

猛勉強の甲斐あって大学附属高校に合格。

本来、附属高校は大学受験にとらわれることなくさまざまな知識を高校3年間でゆったりと育むことができるのが特徴といったところでしょう。

ぼくの場合は、ほとんど勉強しなくなったというダメな典型例でした。成績は毎回赤点ギリギリでの進級。

でも、「男は理系だろ!」という意味不明な信念があったため、大学は理工学部を選択し、華やかなキャンパスライフがスタート。

そんな生活の中身は、同じ地方から出てきた1人暮らしの友達らといつも一緒にいてバカばっかりやってました。

それが勉強することなんかより、よっぽど楽しかった。

まぁ今考えたら僕の中ではこの頃が反抗期だったと思ってます。

そして、自立気取りしていただけで、親のすねかじっていたただの愚か者だったなぁと。

 

就職活動はあまりしなかった

大学を卒業したら大学院進学ではなく鉄鋼業界に就職をしようと決めてました。

理工学部にいた方は感覚的にわかると思うんですが、大学卒業後に就職する人ってあんまいないんですよねー。割合的に8割くらいの人が大学院組で2割が就職組。

そんな空気の中で生活していると、就職活動の時期になっても就職活動っぽい空気が全く流れない。

 

嬉しいことに学校推薦という制度もあり、ほぼ就職が内定している状況でした。ほぼ・・・ね。

学校推薦って理系特有の制度なんでしょうか?要は高校や大学受験でいうと指定校推薦ってやつです。

というわけで就職活動にはあんまり本腰は入れませんでした。そしてこれがぼくの人生の後悔にもなってしまいました。

 

学校推薦なんで採用選考なんか形だけだろう。これで就職も安泰!なんて思ってましたよ。

ところが、ほぼ内定が決まっているという学校推薦で「ご縁がない」という結果に。

 

 

途方にくれていたぼくに大学の就職課から紹介されたのが、全く興味も関連性もない建設業界。

ここでスムーズに選考に通り建設業界へ就職。

 

建設サラリーマンで消耗

建設業界に就職し、大規模工場建設現場の現場監督やってました。

死ぬほど日夜働いてましたね。朝7時に現場事務所にいってその日のうちに帰れるかどうか。泊まりなんてザラ。休みは日曜だけだし、現場が忙しかったら日曜日も構わずやります。

そんな忙しい毎日でしたが、転機が訪れました。大学時代から交際していた人との結婚です。

ぼくの仕事は建物完成ごとに全国を転々とする部署だったので一緒に転勤生活をすることに。

しかし、奥さんを連れ回しているのに家にほとんど帰らない生活が続き、会話する暇すらほとんどなかったです。

 

そんな毎日を過ごしていていると、そこまでして仕事に人生のほとんどの時間を注ぎ込まなければならないスタイルに疑問を感じるようになりました。

その頃出会ったのが、いまの僕のライフスタイルの目標とする言葉があります。

ワーク・ライフ・バランス」という言葉です。

【ワーク・ライフ・バランスとは】

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。

Wikipediaより)

この言葉に出会ってから、何のためにはたらくのか?家族とは何なのか?自分の求めているライフスタイルとは? と、毎日ずっと考えていました。

業務を効率化してこなしても、次から次へと振ってくる仕事。そして会社での人間関係。

こんな毎日が定年までつづくなんて考えたらウンザリ。

会社をやめるほか解決策が見つかりませんでしたね。業界がこういう体質なんで、限界を感じたんです。

 

ライフワークバランスが実現できる仕事へ

仕事をする最終目的は、くさい言葉かもしれませんが愛する家族のために働くということにつきると思います。

仕事するだけじゃなくて家族と過ごす時間を大切にしたいんです。

特に幼少期の子どもとその時その時を過ごせるのは一生に1度のその瞬間しかないんです。

 

ぼくは毎日でも1分1秒でも子どもと長い時間一緒にいたい。

子どもといろいろな時間を共有して、いろいろな幸せを共に感じたい。

子どもにいろいろと教えたい。

自らも育児に”参加”というレベルでなく、母親同等に子育てしたい。

 

こんな思いからライフ・ワーク・バランスが実現できるような仕事先を選びました。

今では毎日定時に仕事が終わってからは、ずっと子どもと一緒にいます。

そんなかけがえのない子どもと過ごす時間が本当に幸せです。これこそがぼくの求めていたライフスタイルなんです。

 

 

色々なことを教えてもらった数々のブログ

会社を辞めること、ライフワークバランスのこと、子育てのこと、いろいろなわからないことを教えてくれたのは、ネットに数多く存在するブログでした。

ブログは先輩ブロガーの生の意見や考え方が余すことなく、ぎゅっと詰まって発信されています。

ぼくもいつしからか「先輩ブロガーのように自分の好きな事、体験、経験、考え方といった情報を発信し、少しでも誰かのタメになれば」と思いはじめるように。

こんな経緯で、このブログ「FatherLog(ファザーログ)」を立ち上げました!

 

連絡先・SNSアカウント

Twitter、Facebook、Google+から最新情報を配信しています!

それ以外にもブログで書いていないことを載せたりしていますので、気に入っていただけたらフォローしてもらえると本当に嬉しいです!!

 

Twitter


ブログ配信情報、他ブロガーさんの気に入った記事なんかをつぶやいてます。

あと、本当にどうでもイイ情報なんかもツイートしてます!

昨日の晩ご飯何?とかでもいいんで、気軽に絡んでください!

フォローお待ちしてます!

 

Facebookページ

こちらでは主にブログの更新情報を配信しています。

「いいね!」してもらえると僕のエネルギーになります。

 

Google+



こちらでも主にブログ更新情報を配信しています。

 

お問い合わせ先

当ブログに関すること、記事にして欲しいこと、その他ご要望ご意見などお問い合わせについては、下記メールアドレスを通じてお気軽にご連絡ください。

info[アット]fatherlog.com(アットを@に変更してください)

 

できる限り迅速に返信できるようにいたしますが、多少時間をいただくかもしれませんのでご了承ください。

 

免責事項

当ブログに掲載している内容については、可能な限り正確なものとなるよう努力しております。

掲載内容やそれを用いて行った行為等によるいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても当ブログ及び管理人は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

 

プライバシーポリシーについて

FatherLog(ファザーログ)は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めます。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)

1.個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2.個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3.個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4.個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5.あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。

 

アフィリエイトプログラムについて

当ブログ「FatherLog(ファザーログ)」では、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトプログラムなどに参加しています。

Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることにより、サイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムです。

掲載商品や購入方法についての詳細に関するお問い合わせは、リンク先各店舗までご確認ください。商品購入に関するトラブルについて当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。

 

Google Adsenseについて

当ブログ「FatherLog(ファザーログ)」では、Google Adsenseによる広告配信を行っています。

広告配信プロセスにおいてcookieやウェブビーコンを使用し、ユーザーのアクセス情報に基づいて広告が配信される仕組みとなっています。cookieの利用を望まない場合、Googleポリシーと規約にもあるようにcookieをオフにすることも可能です。

 

商品レビューについて

当ブログでは、基本的には自分で気に入ったものを購入し商品レビューを行っています。

メーカー様や販売店様のご厚意によりレビュー商品を提供いただけるようでしたら、喜んで当方にて記事作成し掲載させていただきます。

随時受け付けておりますので、下記メールアドレス宛にご連絡ください。

info[アット]fatherlog.com(アットを@に変更してください)

その際、あくまで管理人自身が感じた率直な意見をレビューとして書きますのでご希望に添えないような内容になるかもしれませんので、ご了承ください。

 

NETFLIX Stream Teamメンバー

Netflix_Stream team_Sticker

2016年4月1日よりNETFLIX様より指定いただきNETFLIX StreamTeam(ネットフリックスストリームチーム)メンバーとして活動しています。

ストリームチームはパパママブロガー限定のグループでNETFLIXの魅力をブログを通じて伝えていくことを目的としています。

 

 

最後までプロフィールをご覧いただきましてありがとうございました。

これからも末永くよろしくお願いいたします!