レンタルサーバーで個人ブログを開設する方法 WordPressのインストール

PAK86_seisakudb20140517-thumb-1000xauto-17101

こんにちは、NINO(@fatherlog)です。

レンタルサーバーに独自ドメインを設定したあと、ブログの編集や投稿ができるソフトを導入する必要があります。

このソフトの中でも「WordPress」や「Movable type」は有名です。

今回は、前者の「WordPress」をエックスサーバーに設定する簡単な方法を解説します。

WordPressとは

WordPressとは、オープンソースのブログソフトウェアです。PHPにより開発されていて、データベースにはMySQLを使用します。
テーマが豊富にあり管理画面から変更することにより、デザインを簡単に変えることができます。またプラグインも豊富にあるので、本来はプログラミングにより改造しなければならないような内容であったとしても、プラグインをインストールするだけで、初心者でも簡単に改造できる自由度の高い仕様となっています。

エックスサーバーにWordPressをインストールする

それでは、レンタルサーバーであるエックスサーバーにWordPressをインストールします。

トップページよりログインメニューを開く

エックスサーバーのトップページメニューより「ログイン」をクリックします。

WordPressインストール1
サーバーパネルにログイン

ログインメニューの中の「サーバーパネル」をクリックし、サーバーID及びパスワードを入力し「ログイン」をクリック。

WordPressインストール3
自動インストールを選択

サーバーパネルメニューから自動インストールを選択。

WordPressインストール3

スポンサーリンク

インストール設定

自動インストールのプログラムのインストールタブからWordPress日本語版の「インストール設定」をクリックします。

WordPressインストール4
詳細項目の設定

WordPressの基本情報になる項目を入力します。

WordPressインストール5
インストールURL 独自ドメイン設定したURLを選び、ディレクトリを設定します。独自ドメイン直下にインストールする場合は、空欄でも可。
ブログ名 ブログのタイトルを記入します。
ユーザ名 管理画面にログインする際のユーザ名を設定します。
パスワード 管理画面にログインする際のパスワードを設定します。
メールアドレス 現在使用している好きなメールアドレスを設定します。
データベー ス 一からブログサイトを作る場合を想定しますので、「自動でデータベースを生成する」にチェック。
 内容の確認

上記手順で入力した内容を確認します。(インストール完了後にWordPress管理画面から変更することも可能です)

よければ、右下の「インストール(確定)」をクリックし実行します。

WordPressインストール6
インストール完了

下記画面になりましたら完了です。

WordPressインストール7

このようにエックスサーバーには、簡単インストールのツールがあるので、すぐにWordPressを導入することができます。

PAK86_seisakudb20140517-thumb-1000xauto-17101

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!