iPhone紛失時に必ず役立つ「iPhoneを探す」の使い方

Find-iPhone-0

どうも、NINO(@fatherlog)です。

「あれっ?ケータイがない!iPhoneどこにいった?」

そんな時に役に立つアプリが「iPhoneを探す(Find iPhone)」だ。

このアプリではiPhoneのGPS機能を活用して、紛失したiPhoneの居場所を特定し、遠隔操作による管理もできる。例えば、iPhoneから通知音を出して探すこと遠隔操作によりロックをかけたり、場合によってはiPhone情報を全消去したりすることもできる。

iPhoneを紛失してあせあせしなくとも、冷静になってこのアプリを使えばきっと解決するはず!

では、さっそく使い方を紹介する。

事前にiCloudで設定ONへ

「iPhoneを探す(Find iPhone)」を使用するには、事前にiCloudで設定を「ON」にしておく必要がある。無くしてからでは遅いので必ず「ON」にしておこう。

「設定」アプリからiCloudをタップ。

Find-iPhone-2

iCloudメニューの一覧から「iPhoneを探す」をタップ。

Find-iPhone-3

「iPhoneを探す」のスイッチをONにする。

Find-iPhone-4

確認画面が出るので、「許可」をタップ。

Find-iPhone-5

許可した後に表示される「最後の位置情報を送信」もONにする。これをONにしておけば、万が一電源が切れてしまった場合でも、切れる寸前にあった場所を特定することができる。

Find-iPhone-6

以上で、iCloudでの事前設定は完了。

ではここからは、実際に紛失した場合の「iPhoneを探す(Find iPhone)」の使い方を見ていこう。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」の使い方

「iPhoneを探す(Find iPhone)」のアプリを立ち上げApple IDでログインする。

 

Apple IDに登録してあるデバイスが一覧表示される。

デバイス横の緑インジケータは現在位置を把握している状態のもの。灰色の場合は、現時点で位置が確認できていないという意味。それぞれの端末名の下には、位置情報を最終確認した時間が表示されている。

Find-iPhone-8

探したいデバイスを選択すると、そのデバイスの場所をマップ上で表示してくれる。表示画面の見方は以下のとおり。

Find-iPhone-9

実際に所持しているiPhoneに対して遠隔操作をするには、最下部バーの「アクション」をタップする。

サウンドを再生

目に見えなければ音を鳴らせばいい!「サウンドを再生」をタップするとiPhoneから感高い警告音が鳴り響く。端末を紛失した場合でも、この音で見つかる場合がほとんど。マップ表示されている場所付近に移動し「サウンドを再生」アクションを行い、警告音のする場所を探してみる。

「アクション」から「サウンドを再生」をタップする。

Find-iPhone-10

「サウンドを再生」をすると、画面には”iPhoneを探すの警告音です”と表示される。ロックを解除するまでしばらく鳴り続ける。

Find-iPhone-12

紛失モードを使う

「サウンドを再生」しても見つからない時、次に試したいのは「紛失モード」。このモードでは、紛失したiPhoneにロックをかけ、ロック画面上に簡単なメッセージと発見した時の連絡先を表示することができる。

「アクション」の中から「紛失モード」をタップ。

Find-iPhone-10

確認画面がでるので、「紛失モードをオンにする」をタップ。

Find-iPhone-13

発見した時に発見者に発信してもらい連絡先電話番号を入力する。例では”123456789”とした。入力したら右上の「次へ」をタップ。

Find-iPhone-14

次に先ほど入力した電話番号と同時に表示させるメッセージを入力する。下記キャプチャはデフォルトメッセージ。入力が終了したら右上の「完了」をタップ。

Find-iPhone-15

完了すると、入力した電話番号とメッセージが表示される。拾った人が「発信」をタップすると設定された番号へ発信される。連絡を待つしかない・・・。

Find-iPhone-16

iPhoneを消去

できることなら使いたくないのが「iPhoneを消去」。これは見つからなかった時の最終手段。iPhoneの中身を全て消去し、情報が漏洩することを防ぐことができる。消去した後は、iPhoneを探すも当然使えなくなるので、どうしても見つからなくあきらめがついてから、このコマンドを実行した方が良い。

Find-iPhone-10

万が一のためにバックアップや紛失保険等の備え

iPhoneの持ち物管理を徹底するのが一番!と言いたいが、無くした場合は素直にこの機能を利用したい。

僕の場合、スノボーしている時に雪山でiPhoneを落としてしまったことがあった。しかし、この「iPhoneを探す」を使いマップ表示させ、おおまかな場所を特定したあとに「サウンドを再生」したら、見事に探し出すことができた。ちなみに雪山だったのでマップ表示ではよくわからなかったが、航空写真表示にしたらゲレンデの様子が明確にわかり、さらにGPSによる位置もかなり正確であったため、無事に発見することができた。

iPhoneを探すでほとんど見つかる場合が多いが、万が一のことを考えてバックアップを普段からとっておくことや、キャリア会社の紛失保険を契約しておくなど、”備え”をしておくことをオススメする。

Find-iPhone-0

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!