Mac初心者でも効率アップするショートカットキー20選

photo credit: DSC_1027 via photopin (license)

こんにちは、NINO(@fatherlog)です。

Macでの作業中にできるだけキーボードから手を放さないで作業効率をアップできる方法として、今回はキーボードでショートカットキーを使用する方法を厳選して紹介する。

windowsでおなじみの「コピー」や「貼り付け」といったアクションからMac独特のアクションまでさまざまなものがあり、ショートカットキーは全部で何百種類もある。

その中からすぐにでも覚えておきたいオススメ20選をまとめてみた。これで効率アップ間違いなし!

 何でも使える一般的なもの

選択した部分のコピー

command + C 選択した部分をクリップボードにコピー

貼り付け

command + V クリップボードにコピーしたものを貼り付け

選択した項目を削除してコピー

command + X 選択した部分を削除してからコピー。Windowsでいう「切り取り」。

全選択

command + A 手っ取り早く全部選択したいときはコレ。

1つ前に戻る

command + Z 1つ前のアクションに戻る。UNDO。

保存(上書き保存)

command + S 保存するのはコレ。ファイル→保存ってトラックパッドで選ぶより絶対早い。

プリント(印刷)

command + P プリント(印刷)。

spotlight検索

control + スペース コンテンツや関連性のあるものを検索。意外と使う。

 

ウィンドウ関連のもの

スクリーンショット

ディスプレイ上のもの全てキャプチャ

command + shift + 3 見ている画面そのままがキャプチャされる。

選択した部分のみキャプチャ

command + shift + 4 十字カーソル出現後、キャプチャしたい部分を選択。

選択したアプリの画面のみキャプチャ

command + shift + 4 + スペース キャプチャしたいアプリを選択する。選択したウィンドウのみキャプチャ。

ウィンドウを閉じる

command + W 現在操作しているウィンドウを閉じる。再表示不可。

ウインドウを隠す

command + H 現在操作しているウィンドウを隠す。再表示する時はアプリケーションアイコンをクリック。

ウィンドウをDockにしまう

command + M 隠すのと似ているが、Dockにしまう場合はコレ。

新しいウィンドウの表示

command + N 操作中アプリの新しいウィンドウを表示させる。

アプリ切り替え

command + tab 作業したいアプリを切り替える時。アイコンが表示されるのでtabキーで選択し切り替える。

アプリを終了

command + Q アプリを終了させる。ウィンドウ左上の赤い×印で閉じるのはウィンドウを閉じただけで、バックグラウンドは動いてるまま。Macが重くなる原因の1つなので、しっかり終了したいところ。

アプリを強制終了

command + option + esc レインボーぐるぐるが登場して、応答なしのフリーズした時に使う。

スポンサーリンク

スリープや再起動系

※以下の「電源ボタン」は、iMacなどのワイヤレスキーボードの場合は、「イジェクトボタン」(キーボード右上)が対応。

ディスプレイをスリープ

shift + control + 電源ボタン ディスプレイをスリープ状態にする。電源節約の常用手段。

Macをスリープ

command + option + 電源ボタン Macをスリープ状態にする。

Macを強制再起動

command + control + 電源ボタン 特定のアプリのみならず、常時レインボーぐるぐるが表示されたり、フリーズしてどうしようも無い時はコレ。使いすぎは良くない。

 

自分なりに使うものを覚えるのが一番!

今回紹介したのは僕自身が多用しているショットカットキー20選だ。偏りはあるかもしれないが、きほんのきの字として覚えておいて損はないと思う。

Appleの公式サイトには膨大な量のショートカットキーが紹介されている。Mac操作に慣れてきた時点でいろいろなショートカットキーを試してみて、自分なりに使うものをピックアップすることをオススメする。

photo credit: DSC_1027 via photopin (license)

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!