Macでコマンドやオプションなどの特殊記号を入力する方法

photo credit: obigatory super-macro macbook pro keyboard shot via photopin (license)

こんにちは、NINO(@fatherlog)です。

MACの操作に慣れてくると、コマンドキーやオプションキーを使ってキーボード上から操作することも多いと思う。
これらの特殊記号を入力し表示させたい時、Mac標準の日本語入力エンジンであれば、「⌘(コマンド)」を入力したければ、「コマンド」と入力し変換すれれば「⌘」が表示される。

しかし「⌥(オプション)」や「⇧(シフト)」などはカタカナ読みを入力しても表示されない。
そこで今回は特殊記号を表示させる方法を紹介する。Mac-tokushukigou0

※機種依存文字を使用している部分があるので、Mac OS以外では文字化けしてる部分があります。ご了承ください。

よく使う特殊記号の一覧

ショートカットキーでよく使う一覧を下にまとめた。

記号 読み方 コード(Unicode) 名前
command U+2318 PLACE OF INTEREST SIGN
shift U+21E7 UPWARDS WHITE ARROW
option U+2325 OPTION KEY
control U+2303 UP ARROWHEAD

他にもいろいろあるが、よく使うのはこれくらい。

特殊記号を入力し表示する方法

文字ビューアを表示させるため設定変更する

システム環境設定からキーボードを選択。

Mac-tokushukigou1

キーボードタブを選択し、下の方にある「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」にチェックを入れる。

Mac-tokushukigou2

スポンサーリンク

文字ビューアから探し入力表示

デスクトップ右上のメニューバーから「あ」が白抜きになっているアイコンをクリック。Mac-tokushukigou3

 

メニュー一覧から「文字ビューア」を表示を選択。Mac-tokushukigou4

文字ビューア左上の歯車アイコンをクリックし、「リストをカスタマイズ」を選択。

Mac-tokushukigou5 Mac-tokushukigou6

 

カテゴリを選択の中の下の方にある「Unicode」にチェックを入れて、「完了」をクリック。

Mac-tokushukigou7

 

先ほどのよく使う特殊記号一覧表のコードを参考に探す。

コード表での記号の探し方だが、例えば「⌘(コマンド)」であれば「2318」なので表左の4桁の数字から2310を探す。2310の行を見ると、左から順に「2310」「2311」「2312」・・・といった形で並んでいるので、2318の⌘を探せば良い。

Mac-tokushukigou8

特殊記号を見つけたら記号の上で2回クリックすると入力される。

Mac-tokushukigou9

実際に使うのは年に数回程度??

使い方にもよるが私の場合は年に3回くらいはこういった特殊記号を入力する機会はある。いざとなるとこの特殊記号の入力方法って意外と忘れている。

今回紹介した「⌘(コマンド)」や「⌥(オプション)」だけでなく、「♥」や「☃」といった記号もあるので、時間があるときに記号一覧表を確認しておくのも良いと思う。

文字ビューアを使う方法はぜひ覚えておきたい!

photo credit: obigatory super-macro macbook pro keyboard shot via photopin (license)

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!