10秒でできる!iPhoneの電池持ちを長くする超簡単な方法

photo credit: iPhone 6 Plus via photopin (license)

どうもNINO(@fatherlog)です。

iOS9では新機能として、iPhoneの電池持ちを長くできる「低電力モード」が搭載されています。

実はアップデートにより全体的に処理が効率化。

何もしなくても1時間バッテリー持ちがよくなっています。

さらにこの「低電力モード」に設定することにより、電池持ちを最大3時間ほど長くすることが可能なんです!

低電力モードにした時の影響

バッテリーの使用を最小限に抑え、最大3時間も電池持ちがよくなる低電力モード。

もちろん電池持ちが長くなる引き替えに、ある程度の制限を受けるわけであります。

以下が低電力モードで制限される内容です。

・メール自動取得回数が低減

・「Hey Siri」でのSiri起動がオフ

・Appのバックグラウンド更新が停止

・自動ダウンロードが停止

・視差効果の低減

・CPU性能が40%低下

低電力モード設定方法

低電力モードはiOS9であるiPhoneで設定が可能です。

まず、ホーム画面から設定アプリを起動。

iPhone-Low-Power-mode-2

設定項目の中から「バッテリー」をタップ。

iPhone-Low-Power-mode-3

低電力モードのスイッチをタップしてONにする。

iPhone-Low-Power-mode-4

以上で、「省電力モード」の設定は完了です。

省電力モードになると電池残量表示が黄色に変化します。

iPhone-Low-Power-mode-5

1度ONにすると電池がなくなるまで低電力モードが継続します。

再び充電し、残量が80%になると自動で低電力モードが解除されます。

iPhone-Low-Power-mode-6

スポンサーリンク

外出先での節約に

低電力モードは、外出先で電池がもう少しでなくなりそうって時や、まだ電池はあるけど明らかに帰宅までもたなそうだな、なんて時に便利!非常時にも役立ちこと間違いなし!

CPU性能が40%低下するので、グラフィックの高い3Dゲームをする人はすこし厳しいかもしれません。

日常的な使用では十分このモードでもいけます。ぜひ試してみてください。

使用頻度が多く電池消耗が激しい方は、いつでもどこでも高速充電できるモバイルバッテリーもオススメです。

photo credit: iPhone 6 Plus via photopin (license)

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!