2つのProタブレットはどっちが買い?iPad ProとSurface Pro 4を比較

iPad-Pro-Surface Pro-4-1

どうもNINO(@fatherlog)です。

9月に行われたAppleのイベントではiPadシリーズの最新作「iPad Pro」が発表され話題となりました。

一方、Microdoft社もSurfaceシリーズの最新作「 Surface Pro 4」を発表。

11月頃にはどちらも出揃うので今から楽しみですね。

iPad-Pro-Surface Pro-4-2

どちらもタブレット史上最高の性能を誇るマシンとあって、購入にあたり悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は両者の性能を比較!どっちが買いなのか考えてみます!

iPad Pro と Surface Pro 4のスペック比較

iPad Pro Surface Pro 4
OS  iOS 9   Windows 10 Pro
プロセッサ  A9X  core M3/i5/i7
メモリ  不明  4GB/8GB/16GB
ストレージ  32GB/128GB 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ  12.9インチ 12.3インチ
解像度  2,732×2,048  2,736×1,824
フロントカメラ  800万画素  800万画素
背面カメラ 120万画素 500万画素
Wi-Fi  802.11a/b/g/n/ac  802.11a/b/g/n/ac
駆動時間  最大10時間  最大9時間
重量  713g/723g  766g/786g
サイズ  220.6×305.7×6.9mm  292.10×201.42×8.45mm
スタイラス  Apple Pencil  Active Stylus
キーボード  オプション キーボードカバー
カラー シルバー、ゴールド、スペースグレイ ・本体→シルバー
・カバー→ブラック、ブルー、
ブライトブルー、レッド、
ティール、オニキス
価格  $799(約96,000円)  $899(約108,000円)

スペックはSurface Pro 4の方が上

プロセッサやストレージなど全体的なスペックからすれば、Surface Pro 4の方が上回っています。”MacBook Airより50%高速”とMicrosoftがいうようにスペックは明らかにこちらに軍配。

製品の内部構成も色々とカスタマイズできるので、好みのマシンを選ぶことができます。

ただし、高スペックのカスタマイズをすると当然本体価格も高くなるので覚悟が必要。

そういった意味で、iPad ProはSurface Pro 4に比べて、やや高いスペックを持ちつつもリーズナブルであると言えます。

スポンサーリンク

そもそも目指している形が違う

ここからはぼくの考え。

両者とも同じタブレットでありながら、iPad ProとSurface Pro 4はそもそも目指している形が違うと思うんです。

iPad Proはあくまでモバイル端末としての「タブレット」の頂点を極めようとしている。

Surface Pro 4はラップトップに変わる新たなスタイルを確立しようとしている。

OSを見ればそれがよ〜くわかります。

搭載OSからわかる方向感の違い

iPad-Pro-Surface Pro-4-5

iPad ProはiOSを搭載。国内では4割超もシェアがあるiPhoneにも搭載されているモバイル端末用のOSです。

AppleはiPad Proを「MacBook Air」や「MacBook Pro」といったラップトップとは完全にすみ分けています。

仮にiPad ProにMacOSを搭載させたらMacBookシリーズに代わる「ラップトップに変わるPC」という位置付けになり、自社の製品をシェアを奪い合う「共食い」する状況に陥ってします。

iPad ProがMac OSを搭載しない理由はここにあると思います。

一方、Surface Pro 4はWindows 10 Proを搭載。タブレットどころか外でもバリバリ仕事をこなせるラップトップとしても活躍できます。

「これさえあれば何もいらない」というキャッチフレーズでCMやっていた時期もありました。

そう、これさえあればラップトップが必要ないんです。本格PC並のスペックを誇っているから。

よってWindows 10を搭載した他のラップトップと競合してしまう状況は避けられないでしょう。

で、どっちが買い?

iPad-Pro-Surface Pro-4-3

結局はここにたどり着きますね。

「PCの買い換えを検討していてオフィスでも外出先でもバリバリ仕事したい!」って人には、間違いなくSurface Pro 4をオススメします。

自宅PCはまだまだ活躍できるが、セカンド端末として外でも十分使えるようなタブレットが欲しいって人には、iPad Proがオススメ

もっともMac OSやiOSに囲まれたApple大好きな方には、断然iPad Proを勧めますが。

iPad-Pro-Surface Pro-4-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

2 件のコメント

  • それぞれのの目的で、選べば良いと思うが、電車の中やカフェで、surfaceを見かけたことは殆どない、
    iPad ,MacBookを使用している人が多い、電車の中でも、iPhoneを使用している人は、約10人中7人です。
    いかに、apple製品が愛されているか、こんなことから判断できます。

    • コメントありがとうございます。

      そうですよね。
      世界のシェア状況からすれば異なるとは思いますが、日本だけでみればApple製品は断トツのシェアを誇っているのは間違いないです。
      私もそのAppleに魅了されている一人です。
      性能うんぬんもありますが、タブレットという同じ分野で似たり寄ったりな製品になってくると、結局最後は好みのブランドへの信用を頼りに選んでしまうのもまた事実だと思います。
      ぼくはそんな選び方は「アリ」と思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!