iPhone6s新機能「3D Touch」が反応しないと感じた時の設定方法

iPhone6s-3DTouch-setting-1

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhone6sより搭載された新機能「3D Touch」。

この3D Touchにより、通常のタッチ・スワイプ・ピンチといったおなじみのアクションに加えて「Peek」と「Pop」というアクションが増えました。

3Dタッチのすごいところは、PeekとPopによりリンク先の覗き見やプレビューが簡単にできたり、クイックアクションとよばれるホーム画面からの1タッチでショートカット機能を使うことができたりすること。

PeekとPopは、画面を押し込むまたは強く押し込む事により画面内の複数のセンサーがその圧力を瞬時に検知し動作します。押し込んだ時に「ブルッ」とディスプレイから返ってくる小さな振動が心地よく感じ、クセになりそうな感覚。

新機能珍しさにとりあえず強くタッチ!なんてしてみてる人もいると思います。

ところが反応が鈍く感じて画面をかなり強く押し込んだ結果、壊れてしまいそうなんてことも。

こんな強く押さなきゃいけないのって思ったり、画面保護の観点からもこんなに強く押して大丈夫かなと心配になりますよね。

そんな時のオススメ設定方法を紹介します。

iPhone6s「3D Touch」が便利すぎる!オススメの使い方を紹介!

2015.09.27

iPhone6sローズゴールドが届いた。いざ、開封の儀!

2015.09.26

3D Touchの感度設定を変える!

デフォルトの設定では、3D Touchの機能はON。そして感度設定は「中」になっています。

今回はこの感度設定を変えてみます。

iPhone6s-3DTouch-setting-2

まずは、ホーム画面から「設定」をタップ。

iPhone6s-3DTouch-setting-3

設定メニューの中から「一般」をタップ。

iPhone6s-3DTouch-setting-4

次に「アクセシビリティ」をタップ。

iPhone6s-3DTouch-setting-5

アクセシビリティの項目中段くらいにある「3D Touch」をタップ。

デフォルトでは機能「ON」、感度は「中」

iPhone6s-3DTouch-setting-6

デフォルトでは、3D Touch機能は「ON」になっています。これはこのまま。

その下の3D Touchの感度という項目は「」になっています。

この3Dタッチの感度を変えることにより画面を押し込む度合いを少なくすることができるのです。

感度を弱くすると軽く押すだけで3Dタッチが機能し、反対に感度を強くすると強く押さないと反応しません。

スポンサーリンク

オススメ感度設定は「弱い」

iPhone6s-3DTouch-setting-7

3D Touchの感度のオススメ設定は「弱い」です。

「感度設定が”弱い”」=「軽く押すだけ反応する」ということ。

設定したら下の花の写真部分で確認してみてください。

軽く押すだけ、とはいってもタップとは明らかな違いを見抜いてくれるので、誤作動することなんてことはありません。

強く押し込まなくても軽く押し込むだけで3D Touchが機能するので快適になりますよ!もう画面への損傷も心配する必要もなし!

好みもあると思いますが、ぜひ設定してみてください。

iPhone6s-3DTouch-setting-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

2 件のコメント

  • こんにちわ
    iPhoneのPop.Peek機能で圧力をかけた時、ディスプレイからブルって振動があったのですが
    なにも設定変えてないのにその振動がならなくなってしまって、どうしたら戻るかとか分かるなら教えて欲しいです。

    • 設定>一般>アクセシビリティ>3D Touchと進み、3D TouchがONで有効になっているか確認してください。
      振動が感じられないならば、同設定項目内の強弱の設定を変えてみてはいかがでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!