新機能満載の「watch OS 2」へアップデートする方法!

watch-OS2-Update-1

どうも、NINO(@fatherlog)です。

横向き表示で目覚まし時計として使用可能なナイトスタンドモードや好みの写真で文字盤をカスタマイズできるなど、新機能満載であるApple Watchユーザー待望の「watch OS 2

本来ならば9月16日に配信開始予定でしたが、”致命的なバグが生じたため公開延期”となっていました。

そして、ようやく9月22日に公開!

約1週間遅れての公開です。

今回はApple Watchをwatch OS 2にアップデートする方法を紹介します!

アップデート環境を確認!

watch OS 2のファイルサイズは515MB。ダウンロードとアップデートには多少時間がかかるので、余裕があるときに行いましょう。

また、Apple Watchをwatch OS 2へアップデートするには下記の条件を満たす必要があるので、事前に要チェックです。

アップデート条件

・Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある

・充電器に接続されている

・50%以上充電されている

条件が整ったら、早速アップデート開始!

スポンサーリンク

watch OS 2 アップデート方法

ペアリングしているiPhoneのホーム画面で「Watch」アイコンをタップ。

watch-OS2-Update-2

マイウォッチの中から「一般」をタップ。

watch-OS2-Update-3

続いて「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

watch-OS2-Update-4

「ダウンロードとインストール」をタップ。

詳細情報を見たい場合は、「詳しい情報」で確認してください。

watch-OS2-Update-5

iPhoneにパスコードを設定している場合は4ケタのパスコードを入力。

watch-OS2-Update-6

利用条件を確認し、右下の「同意する」をタップ。

watch-OS2-Update-7

ダウンロードが開始され、しばらくするとインストールが完了します。

僕の場合1時間かからないくらい完了しました。中身としては、インストールよりソフトウェアのダウンロードに時間がかかっている印象でした。回線速度の差もあると思いますが、ソフトウェア公開後の今はサーバーが込んでいるといったトコでしょうか。

watch-OS2-Update-8

Apple Watchの「一般」→「情報」の項目内の「バージョン」は2.0と表示されています。

これでwatch OS 2のアップデートは完了です。

watch-OS2-Update-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!