Apple TVが進化!リモコンにタッチセンサー搭載で快適!Appleイベントまとめ

Apple-Event-2015-TV-1

どうも、NINO(@fatherlog)です。

Apple TVをみなさん利用していますか?利用していない方も必見です!

Apple TVは、TVに接続するだけでYoutube、Netflix、Hiluなど様々な映像コンテンツが楽しめたり、MacやiPhoneのディスプレイをミラーリングできTVの大画面で楽しむことができます。

そんな「Apple TV」が約3年ぶりに大幅リニューアル!先日のApple September Evnet 2015で発表されました。

新モデルではtv OSを搭載し、リモコンにタッチパネルが搭載されるなどまったく新しい次元の第4世代Apple TVとして生まれ変わりました。

Appleイベントで発表された新型Apple TVを紹介!

TVの未来はappsだ!

Apple-Event-2015-TV-2

クック氏はApple TVの冒頭でこう述べました!

「TVの未来はappsだ!今はTVの黄金期で、もう既に始まっている。」

そして・・・

Apple-Event-2015-TV-1

出ました!新型の「Apple TV」!!

セットトップボックスは見た目にそう変化がないですが、リモコンのデザインが刷新されています。

リモコンに「Touch surface」搭載

Apple-Event-2015-TV-4

新しいApple TVでは、リモコン上部にTouch surfaceが搭載されています。今まではコンテンツを選ぶ時、上下左右の選択ボタン・決定ボタンを駆使して操作をしていたと思います。

このTouch surfaceでは、Macでいうトラックパッドのようなもの。スワイプやスクロールすることによりいちいちボタンを押さなくても、シュシュッと簡単に操作することができます。

コンテンツ選ぶときに、見たくないコンテンツがたくさん並んでいることってよくありますよね。そんなときもTouch surface上を指でシュッとスキップすれば簡単ですね。

電気を消して暗がりの中で映画をみている時なんかでも、直感的に操作できるので迷わなそう。

Siriが大活躍

Apple-Event-2015-TV-5

iPhoneやiPadユーザーにとっては、おなじみのSiriですが、遂にApple TVにも搭載されました。

リモコンのSiriボタンをおして、しゃべりかけることにより驚くほど操作が楽になります。

オススメコンテンツを選ぶ時、appsの起動、映像作品の詳細情報、早送り・巻き戻しの操作などSiriは最速の操作を実現してくれます。

見たい動画コンテンツを検索したい時に、キーボードのないApple TVでは従来はリモコンでの文字入力でかなり面倒でした。

しかし、Siri搭載によりもう文字入力に手間はかかりません。検索したいコンテンツ名をしゃべりかけるだけで良いので、本当に楽。

Siri Remoteでリモコン1台だけでOK

Siri Remoteにより、テレビ本体の電源やAVレシーバも操作することができます。よって、リモコンはこの1台だけあれば済みます。

リモコン操作するときって、ついついリモコンの方にテレビを向けてポチポチしてしまいがちですが、このリモコンはBluetoothを搭載しているので、TVの方に向けなくてもしっかりと認識してくれます。

HDスクリーンセーバー

Apple-Event-2015-TV-6

長時間にわたって使用していない場合はスクリーンセーバーが起動。美しいHD動画が流れます。

Siriを使ってみる

Apple-Event-2015-TV-8

「アクション映画を表示して!」ってSiriにお願いをしてみると・・・

Apple-Event-2015-TV-9

おぉ!ちゃんと表示されました。

ここからSiriを使ってさらにしぼり込むこともできます。「トムクルーズの作品」とか「人気の作品」なんて指示でもしっかりとSiriが働いてくれます。

Apple-Event-2015-TV-10

アニメを見ているときに「キャスト構成を教えて」ってお願いすると・・・

Apple-Event-2015-TV-11

これまた、顔写真付きでしっかりと表示されます。すごいですね。

Apple-Event-2015-TV-12

視聴中に全く関係のない質問にもSiriは答えてくれます。デモではアラスカの天気を聞いてました。

Apple-Event-2015-TV-13

すると、これまたしっかりとアラスカの天気が表示されています。

Apple-Event-2015-TV-14

先ほどの状態から上にスワイプをすると、詳細情報を表示することもできます。

スポンサーリンク

Appsでより快適に

Apple-Event-2015-TV-15

冒頭のクック氏の発言にもあったようにApple TVではtv OSを搭載しAppsが充実します。開発者達がしのぎを削りサードパーティ製の様々なアプリがApps storeに登場することでしょう!

Apple-Event-2015-TV-16

iPhoneもそうですが、便利ツールにしろ、ゲームにしろ、全ての基礎は「アプリ」でできてます。Apple TVにもAppsが開拓されるとよりよいものになることは間違いなしですね。

Apple-Event-2015-TV-18

アプリを使えば、エンターテインメントの幅がかなり広がります。

Apple TVでゲームをしたり、不動産情報を見たり、買い物をしたりとその可能性は無限大です!

Apple-Event-2015-TV-19

 

新型Apple TVのスペック

Apple-Event-2015-TV-21

小さなセットトップボックスですが、iPhone6と同じ64bitのA8チップを搭載しています。

Apple-Event-2015-TV-22

背面はHDMI端子、LANケーブル接続口、電源があります。

気になる価格は?

Apple-Event-2015-TV-24

32GBモデルが$149(約18,000円)64GBモデルが$199(約24,000円)となっています。

なお日本版の価格はまだ公表されていないので、USドル価格を1$=12o円で換算しました。

発売日は!?

Apple-Event-2015-TV-25

新型Apple TVの気になる発売日は10月後半です。

第3世代からグ〜ンと進化しているApple TV。操作性も上がりAppsによりコンテンツも充実することでしょうから、コレ使ったらTVの前から離れられなくなりそうです。

発売まで乞うご期待!

(via Apple

Apple-Event-2015-TV-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!