iPhone6s(Plus)が一番安いのは?au,docomo,softbankを徹底比較!

IPhone6s-hikaku-1

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhone6s・iPhone6s Plusの予約が開始されましたね。もう予約はOKですか!?

さて新型iPhone6s・iPhone 6s Plusの発表から予約まで2日間しかないタイトな日程でしたが、au・ドコモ・ソフトバンクの国内大手3社ともその価格が出そろいました。

どこが安いかよくわからず悩んでいるかたも多いはず!!

それにしても本体価格はぐ〜んと高いですね。まぁあれだけの機能を備えているので当然といえば当然ですが。

総額を見ると目が飛び出そうにもなりますが、24ヶ月継続契約すると毎月割がどのキャリアも発生します。さらにMNPで他社に乗りかえるとさらなる割引を受けることができます。

なので、実質負担金は結構現実的な値段まで下がってきます。

各社から発表された金額をまとめてみました。

遂に発表「iPhone6s・iPhone6sPlus」がすごい!予約は12日から

2015.09.10

総額は!?

毎月割引を引く前の本体代金の総額の比較です。これに関しては、MNP乗りかえの場合も機種変更の場合も同じ。

端末代総額 (単位は円,価格は税込)
機種 容量 au ドコモ ソフトバンク
iPhone6s 16GB 84,240 93,312 93,600
64GB 97,080 99,792 106,560
128GB 109,920 99,792 119,520
iPhone6sPlus 16GB 97,080 99,792 106,560
64GB 109,920 99,792 119,520
128GB 122,760 99,792 132,480

総額だけ見ると各社でかなりのばらつきがありますね。

気になるのはドコモだけが全モデルでほぼ一緒。でも下表をみてもらえばわかりますが、ドコモの場合だけ機種ごとに毎月割引の値段が異なり上下しています。

毎月割は!?

続いて毎月割です。最大で24ヶ月間端末購入代金の一部を毎月の請求で割り引かれます。ただし各社とも機種変更した時よりMNPで他社から引っ越ししてきた方が手厚く優遇されています。

機種変更の場合

機種変更の割引額(単位は円,価格は税込)
機種 容量 au ドコモ ソフトバンク
iPhone6s 16GB 58,440
(2,435/月)
67,392
(2,808/月)
68,040
(2,435/月)
64GB 60,912
(2,538/月)
128GB 47,952
(1,998/月)
iPhone6sPlus 16GB 60,912
(2,538/月)
64GB 47,952
(1,998/月)
128GB 34,992
(1,458/月)

ドコモは総額がどの機種も同じ分、割引額が異なっているのがわかります。「下位モデルほど割引が多い=実質端末代金が安くなる」といった仕組みです。

MNPで乗りかえた場合

MNPで他社へ乗りかえた場合は、通常の毎月割引の他に”購入サポート”やら”のりかえボーナス”やらで、機種変更の場合に加えさらに割引額が増えます。

MNP乗りかえの割引額 (単位は円,価格は税込)
機種 容量 au ドコモ ソフトバンク
iPhone6s 16GB 68,160
(2,840/月)
67,392
(2,808/月)
68,040
(2,835/月)
64GB 60,912
(2,538/月)
128GB 47,952
(1,998/月)
iPhone6sPlus 16GB 60,912
(2,538/月)
64GB 47,952
(1,998/月)
128GB 34,992
(1,458/月)
68,160
(2,840/月)

スポンサーリンク

実質負担額は!?

はい、ここから大事なトコです!

今までのは前置き。各社の端末代総額がばらばらなので、毎月割の額も異なっているのは当然。

では、端末代総額から毎月割を引いた後の実質負担金ってどうなの?ってとこですね!

まとめました!

機種変更の場合

機種変更の実質負担金(単位は円,価格は税込)
機種 容量 au ドコモ ソフトバンク
iPhone6s 16GB 25,800
(1,075/月)
25,920
(1,080/月)
25,560
(1,065/月)
64GB 38,640
(1,610/月)
38,880
(1,620/月)
38,520
(1,605/月)
128GB 51,480
(2,145/月)
51,840
(2,160/月)
51,480
(2,145/月)
iPhone6sPlus 16GB 38,640
(1,610/月)
38,880
(1,620/月)
38,520
(1,605/月)
64GB 51,480
(2,145/月)
51,840
(2,160/月)
51,480
(2,145/月)
128GB 64,320
(2,680/月)
64,800
(2,700/月)
64,320
(2,680/月)

なんと機種変更部門ではソフトバンクが6機種全てにおいて最安値で完全優勝。auは3勝で、比較的上位モデルでは最安値となっています。ドコモは全てにおいて最安値はありません。

と、各社の比較をしたものの実際は何千円違う訳でも無く数百円の違いといったところ。そういった意味では、各社軒並みそろってますね。

MNP乗りかえの場合

続いてMNPの場合です。

MNP乗りかえの実質負担金 (単位は円,価格は税込)
機種 容量 au ドコモ ソフトバンク
iPhone6s 16GB 16,080
(670/月)
10,368
(432/月)
15,552
(648/月)
64GB 28,920
(1,205/月)
23,328
(972/月)
28,512
(1,188/月)
128GB 41,760
(1,740/月)
36,288
(1,512/月)
41,472
(1,728/月)
iPhone6sPlus 16GB 28,920
(1,205/月)
23,328
(972/月)
28,512
(1,188/月)
64GB 41,760
(1,740/月)
36,288
(1,512/月)
41,472
(1,728/月)
128GB 54,600
(2,275/月)
49,248
(2,052/月)
54,312
(2,263/月)

他社乗りかえ部門は、ドコモが単独で全ての機種において最安値という結果になりました。

iPhone6sの最高値と最安値の差が最大で¥5,712の差があります。他の機種でも¥5,500程度の差です。

この価格をみるとドコモの本気度がよく伝わってきますね。iPhone発売が一番遅かったキャリアだったので、その時の他社への流出を取り戻したいといったところでしょうか。

結局一番安いのは!?

iPhone6sとiPhone6sPlusは全部で6モデル展開。端末代総額から毎月割を引いた実質負担金はどこが安いかはどの会社が安いかはわかってもらえたと思います。

機種変更だったらsoftbankauMNP乗りかえだったらドコモといったとこでしょうか。

ただ、iPhone6や5sなど前の機種を使っていた人は下取りポイントが付与されたり、料金プランの違いもあるので、すべての費用を総合して考えて一番安いのはどこというのは、一概には言えないところがあります。

サービスの質、オプションの内容、自分の手間なども含めてどうするか考えた方が良さそうです。

IPhone6s-hikaku-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!