iPhone充電にモバイルバッテリーを使用したい2つの理由

iPhone-charging-1

Amazon でAnker製品に出会って以来、モバイルバッテリーの虜になってしまったNINO(@fatherlog)です。

このブログでもスマホの充電切れに備える対策として、いろいろなモバイルバッテリーを紹介してきました。

【レビュー】iPhone6を7.5回充電!「cheero power plus 3 premium 20100」

2015.09.07

最強モバイルバッテリーAnker PowerCore 20100が登場!ハンパないっ!

2015.08.31

超ウルトラ大容量モバイルバッテリー「Anker Astro E7」!iPhone6を10回充電可能!

2015.07.24

1度モバイルバッテリーで充電をするとやみつきになります。僕も1度Anker製品を使用してからは、ほぼこのモバイルバッテリーでiPhoneを充電しています。

今回は、なぜモバイルバッテリー充電がやみつきになるのかという部分について書きたいと思います。

急速充電が出来るので充電時間が早い!

一番の理由はコレ。

コンセントにさして充電するより、よっぽど早い!

モバイルバッテリーというと、ただ電力を蓄えているだけの電池でコンセントから充電する場合と全く変わらないんじゃ・・・なんて思っていませんか?

違うんです!最近のモバイルバッテリーの技術をあなどってはいけません。

優れた急速充電技術

iPhone-charging-2

Ankerシリーズやcheeroシリーズなど、モバイルバッテリーの急速充電機能は標準で搭載されている場合が多いです。

例えば全米No.1モバイルバッテリーブランドのAnker社であれば、各機器を自動検知し最適な電流で充電する「Power IQ」とケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整する「Voltage Boost」という機能が搭載されています。この2つの機能によりフルスピードでの充電を可能にしています。

充電してみるとわかるんですが、体感で2倍くらい早いがします。ほんの少し充電するだけで、残量量がグ〜ンと増えています。

スポンサーリンク

いつでも・どこでも充電!

iPhone-charging-3

モバイルバッテリーの最大の特徴は、蓄えた電力を持ち運べることにあります。

カバンの中にモバイルバッテリーさえ入れておけば、いつでもどこでも充電できます。

通勤や通学時の移動したりしているほんのちょっとした時間や、用事がある間カバンに入れているときなど、差しておけさえすれば急速充電ができるのです。これで電源が無くなる心配も無くなりますし、コンセントを探したりする手間もありません。

そしてモバイルバッテリーは自宅のコンセントで充電さえしておけば良いのです!

大容量のモバイルバッテリーがオススメ!

モバイルバッテリーは超小型スティックタイプからiPhone6を7回程充電できる大容量のものまで多様なラインナップがそろっています。中でもやはり大容量のものがオススメ!

大容量の方がモバイルバッテリー自体を充電する回数を減らせます。20100mAh級のものであれば1週間弱は持ちます。

大きさや重さもカバンを持ち歩く人にとっては、全く気にならないと思います。

モバイルバッテリーをお持ちでない方は、「いつでも・どこでも・急速充電」できる環境を整えてみてはいかがでしょうか。

iPhone-charging-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!