「macOS Sierra 10.12.5」がリリース、セキュリティ・安定性・互換性が改善

5月16日よりmacOSの最新版である「macOS Sierra 10.12.5」が、Appleからリリースされています。

今回のアップデートは、大きな改善点はこれといってなく、軽微なバグ修正や安定性の向上を目的としたマイナーアップデートとなっています。

 

macOS Sierra 10.12.5、軽微なバグ修正や安定性の向上など

「macOS Sierra 10.12.5」のリリースノートは以下のとおり。

macOS Sierra 10.12.5アップデートでは、お使いのMacのセキュリティ、安定性、および互換性が改善され、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

  • USBヘッドフォンで再生する際にオーディオがとぎれとぎれになる場合がある問題が修正されます
  • Mac App Storeの将来的なソフトウェア・アップデートのための互換性が強化されます
  • Boot Campを使ってWindows 10 Creators Updateのメディアフリー・インストールが可能になります

これといって大きな改善点はなく、既存確認されている問題のバグ修正や安定性の向上、互換性の改善を目的としたマイナーアップデートです。

マイナーアップデートとはいっても、更新ファイルのダウンロードや、インストール作業で、かれこれ20分程度かかりました。ちなみにmacOS10.12.4からのアプデです。

macOS Sierra 10.12.5への更新は、「Mac App Store>上部[アップデート]タブ」を選択すると、ソフトウェアアップデートとして表示されます。

当然、更新中はMacが使えないので、アップデートは時間があるときにどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!