LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」やスマートスピーカー「WAVE」などを発表!

LINEはメッセンジャーアプリの頂点では終わらない。

どうも、NINO(@fatherlog)です。

LINEは、スペインのバルセロナで行われているモバイルカンファレンス「Mobile World Congress 2017」キーノートで、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)を発表しました。

それに伴い、アプリ「Clova App」、スマートスピーカー「WAVE」などを2017年夏頃に発売予定しています。

 

LINEの新戦略であるクラウド人工知能プラットフォーム「Clova」

LINEといえばコミュニケーションツールでは欠かせないSNS。スマホユーザーなら誰でもインストールして利用しているといっても過言でないです。

そしてLINEの親会社である韓国の検索ポータルNAVER。

LINEのコミュニケーション技術とNAVERの豊富なコンテンツやサービスを融合させ、新たな戦略として進めているのがクラウドAIプラットフォームである「Clova(クローバ)」です。

Clova(クローバ)は頭脳部分である「Clova Brain」と人間の目・耳・鼻・口・手という5感で構成される「Clova Interface」により構成されています。

Clova Interfaceは、音声認識や音声合成を行うClova Voice(耳・口)と、画像認識や顔認識を行うClova Vision(目)というように5感に対応しています。

今後はその他の5感に対応した技術開発も進められるとのこと。

Clovaに対応したスマートスピーカー「WAVE」は2017年夏に発売

Clovaの発表と同時に、Clovaを利用したスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を2017年初夏に発売すると発表しています。

WAVEには音声で会話できる機能やニュース・天気・占い・カレンダー・翻訳といったさまざまなコンテンツサービス、音声で家の電気のON/OFFができるホームコントロール、読み聞かせができるオーディオブックなどが利用可能になります。

Clovaの公式サイトでは、WAVE利用のコンセプトムービーを観ることが可能。

「クローバ、何かオススメの音楽」としゃべりかけると「癒やし系プレイリストを再生します」と反応をかえして音楽再生を開始したり、運転中にナビに「クローバ、あと何分?」としゃべりかけると「あと7分で到着です」というように人間の音声に対してAIが回答している様子がわかります。

全貌があきらかにはなっていませんが、国民的アプリとなっているLINEの新戦略であるこの人口値用プラットフォームがさまざまな端末で搭載されることにより、毎日の生活が劇的に変化する時代がくるかもしれません!

(Source:LINE,Clova

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!