3分でわかる電力自由化!メリットや電力会社比較などポイントを解説!

Liberalization-of-Electric-Power-01

どうも、NINO(@fatherlog)です。

最近ニュースでよく耳にする「電力自由化」というキーワード。みなさんも耳にしたことはあるのではないでしょうか。

「電力自由化とは何?」

「電力自由化は、個人に対してどのようなメリットがあるの?」

という疑問に答えるべく、今回は電力自由化のメリットやポイントについて簡単にまとめてみました!

(photo credit: Power plant №12 in winter via photopin (license)

 

2016年4月からスタートする電力自由化とは?

法改正に伴い2016年4月より電力自由化がスタートします。

家庭で毎日当たり前のように使っている電力。

今までは東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力など、”地域を独占する企業”からしか供給されていませんでした。

今回の電力自由化により、通信会社や石油会社など電気を供給する企業が100社以上に増え、われわれ消費者は自由にその契約先を選ぶことができるようになります。

自由化の最大のメリットはここ!

「消費者が自由に契約=供給会社間で価格競争が生まれる」

という構図ができあがり、消費者としては電気代が安くなるというメリットを享受できるのです。

携帯電話を契約する時も、一番安くてサービスが良い会社を選ぶと思います。それと同じイメージです!

 

電力自由化で電気代はどれくらい安くなるの?

価格.comでは、どれくらい電力が安くなるか各社のプランを比較・シュミレーションすることができます。

果たしてどのくらい安くなるのでしょうか? 以下、比較結果です。

 

Liberalization-of-Electric-Power-03

こんな具合で表示されます。

比較するときは現在の電気料金領収書が手元にあると、契約プランや使用料がわかるので簡単です。

今現在契約している内容を入力し、世帯人数・使用時間帯・電気使用量を入力。すると居住地域の電力供給予定会社一覧から一番節約できるものを表示できます。

私の場合世帯が3人以上で平日は仕事、土日は家にいるといった具合で入力。

ぼくの試算の結果、【ENEOSでんき】に変えるとなんと年間17,451円節約ができることが判明!

電力会社を変えるだけで、これだけ節約できるのはかなり大きいですよね。

ぼく、実はディズニーランドが好きなのですが、この節約したお金があれば”大人2人分の1日券”さらに”食べ物”や”お土産”まで買えちゃいます。

自分のスタイルに合った電力会社の選択するだけで、毎年ペアでディズニーリゾートにタダで行けちゃうんですから、お得すぎます!

 

電力会社選択時のポイント

Liberalization-of-Electric-Power-04

電力会社を選択するときには以下のポイントをおさえておくと良いでしょう。

  • 住んでいる地域によって選択可能な供給会社が決まっている
  • 時間帯別料金設定があるので自分のライフスタイルに合わせたプランを選択可能
  • ガスとのセット割、通信とのセット割など供給会社ならではのセット割がある
  • 1年、2年、5年などの長期契約割引がある

電力自由化によりさまざまな企業が参入しますが、住んでいる地域によって選択可能な供給会社が決まっています。

当然、独自の割引き制度などサービス内容が異なるので、このような比較サイトで事前によくシュミレーションすることが大です。

スポンサーリンク

アパートやマンション住まいでも電力会社を選択できる?

Liberalization-of-Electric-Power-06

結論から言うと、アパート等の賃貸やマンションでも基本的には電力会社を選ぶことができます

ただし、大規模分譲マンションによくあるような管理側で一括受電してるようなケースでは選ぶことができません。

仮に一括受電だとすれば、その時点で通常の契約よりは多少安くオトクな状態になっている場合もあるので、残念に思わないでくださいね。

一括受電しているかわからない場合は管理会社に聞いてみると良いでしょう。

 

電力会社を切り替える方法

電力会社を切り替える時は以下のような流れになります。

  1. 切替先の電力会社に申し込む
  2. スマートメーターを設置
  3. 切替先の電力会社と契約開始

申し込みは2016年1月より開始しているので、4月からの切替について事前予約しておくことが可能。

現在契約している電力会社の契約については、新しい電力会社で手続き可能なので、特に解約手続きは必要なくなります。

また、スマートメーターと呼ばれる通信機能を持ち遠隔で検針ができるメーターの設置が必要となります。

スマートメーターの設置に関する費用は無料。申し込むと現在契約している地域の電力会社から工事予定日の連絡が入ります。

 

以上で、手続きが終了。新しく契約した電力会社での電気使用が始まります。

具体的な開始時期等は各社により異なるので、よく確認してください。

 

まとめ

電力自由化により、各地域で各企業の創意工夫を凝らしたプランが提供されます。

電気を利用する消費者側としては、一番安くてサービス内容の良い企業を選択できるので嬉しいですね。毎日使う電気なので安ければ安いほど家計的には助かります。

1度電力会社と契約したら早々変えることもないでしょう。

今回の電力自由化を機会に、ぜひ電力会社の変更を検討してみてはいかがでしょうか。

Liberalization-of-Electric-Power-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!