iPhone7の「IP67」防水仕様ってお風呂で使えるの!? 防水性能について調べてみた!

iphone7-ip67-water-proof-01

新しく発売されるiPhone 7とiPhone 7 Plusの特徴の1つに「防水機能」があります。

「よっしゃぁー。これからはプールでもお風呂でもiPhoneが使えるぜっ!」なんて思っている人もいるんじゃないでしょうか。

今回は、「iPhone 7/Plusの防水仕様ってどの範囲まで使用OKなのか?」という疑問を解消するべく、防水機能について調べてみました!

 

iPhone 7/Plusは「IP67」規格の防水防塵性能

iphone7-ip67-water-proof-03

iPhoneシリーズで初の防水化を果たしたiPhone 7/Plus。

一言に防水化とは言えども、海の中で使ったり、お風呂入ってる間ずっと使ったりというのは実は危険かも!?
完全に濡れない製品というわけではないんです。

「IP67」の意味は!?

防水性能については「どの程度まで濡れてもOKなのか」という国際的な規格が存在しあり、明確に決められています。

今回のiPhone 7/Plusの防水防塵性能を表す等級は「IP67」です。

 

最初の2文字「IP」は、International Protectionの頭文字をとったもので、後に続く数字とともにIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)が定めた国際的で標準的な規格であるということを意味します。

 

次に後半の「67」について。

前の数字が「防塵」の等級後ろの数字が「防水」の等級を表します。

iPhone7のIP67という規格であれば、

  • 防塵の等級→「6」
  • 防水の等級→「7」

となります。

 

防塵・防水等級の意味

この「6」と「7」の等級で表されている防塵・防水の等級の定義は以下のとおりです。

【防塵等級の定義】

等級 定義
0 特に保護されていない
1 手など直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない
2 指先など直径12.5mmを超える固形物が内部に侵入しない
3 工具やワイヤなど直径または厚さが2.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない
4 ワイヤなど直径または厚さが1.0mmを超える固形物体が内部に侵入しない
5 若干の粉塵が内部に侵入しても異常がない
6 粉塵が内部に侵入しない

保護されていない「0」にはじまり、最高等級が「6」までとなります。

iPhone 7/Plusの場合、IP67より粉塵に対する耐性を示す等級は「6」なので、粉塵が全く内部に侵入しない構造になっているということになります。

 

【防水等級の定義】

続いて防水等級について。今回のメインの部分になります。

等級 定義
0 特に保護されていない
1 鉛直落下の水滴によって有害な影響を受けない
2 鉛直より15°以内の傾斜させた時、鉛直に落下する水滴によって有害な影響を受けない
3 鉛直から60°以内の噴霧状に落下する水によって有害な影響を受けない
4 あらゆる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
5 あらゆる方向からの水の直接噴流によってもゆうがいな影響を受けない
6 波浪またはあらゆる方向からの強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
7 常温の水で水深1mに30分間浸しても有害な影響を受けない
8 完全密閉構造で連続的に水中に置かれても有害な影響を受けない

iPhone 7/Plusの場合「IP67」より上から2つめの等級である「7」に該当します。

つまり「常温の水で水深1mに30分間浸しても有害な影響を受けない」ということになります。

 

お風呂の中でも使えるのか!?

iphone7-ip67-water-proof-02

防水等級の定義から、お風呂の深さは1mもないし30分以内であれば使えるのでは!?と思った人もいると思います。

しかし、お風呂の水は常温ではないですよね。常温の水より高温(40℃くらい)になっているはずです。

そもそもIP67という等級自体、「水の中に万が一落としてしまっても大丈夫!」というニュアンスで、「水の中でも使えるぜ!」ということを前提にしているわけではないんです。

 

iPhone 7/Plusが、お風呂の中で使えるかどうかは定かではないですが、少なくとも推奨されないということです。

水滴がついた状態と濡れた手によって、画面操作だってまともにできない可能性があります。さらに、濡れた後によく乾いていない状態で、Lightning端子に充電ケーブル差したら一発で壊れると思います。

こちらのYoutube動画では、早速お風呂にiPhone 7とiPhone 7 Plusを浸しています。

この動画では検証のために数十秒程度お湯をかけたり、お湯の中に付けたりしていますが、30分間といったようなお風呂での長期戦になると、やはり少し心配になります。

操作を前提としたお風呂での使用はあまり良くなさそうですが、防水性能としては風呂の中でも大丈夫そうです。

スポンサーリンク

防水による故障はAppleの保証対象外

iphone7-ip67-water-proof-04

Apple公式ページ内にあるiPhoneのページをよーく見ると、下の方に見えるか見えないかくらいの小さいグレー文字で注意事項が書いてあります。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

要は、IP67の防水性能とは言えども、水没したことによる製品故障は保証対象外となってしまうんですね。

値段も高い大事なiPhoneですから、やはりお風呂での使用は避けた方がよいと思われます。

お風呂で使用するのであれば、やっぱり完全防水型のケースを着用するなどして対応するべきですね。

iPhone 7/Plusの「IP67」という防水性能は、水の中で使える・・・ではなく、不慮の原因で水の中に落としてしまっても問題ないという認識でいた方が良いです!

(Source Apple, TAKIGEN

iphone7-ip67-water-proof-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!