iPhoneのSuicaアプリで「モバイルSuica会員」に登録する設定方法

iphone-mobilesuica-registration-01

iOS10.1がリリースされ、iPhone 7(Plus)ではApple Payが利用可能になりました。これに伴って、JR東日本は「Suica」アプリを公開。

Suicaアプリは、登録したSuicaのチャージ入金、定期券・グリーン券・新幹線特急券の購入、新規Suicaの発行など、Suicaのあらゆる管理が可能なアプリです。

これらの機能を全て使いこなすには、「モバイルSuica会員」への登録が必要!

今回は、iPhoneのSuicaアプリでモバイルSuica会員に登録する方法を解説します。

 

モバイルSuica会員で使える便利なサービス

iphone-mobilesuica-registration-02

JR東日本が提供している会員サービス「モバイルSuica会員」に登録すると、Suica利用がますます便利になります。

モバイルSuica会員になると使用可能になる主なサービスは以下のとおり。

  • 入金(チャージ)
  • オートチャージ(VIEWカードが必要)
  • 定期券購入
  • Suicaグリーン券
  • モバイルSuica特急券(新幹線等)

あらゆるチャージ入金から特急券の購入まで、Suica利用のあらゆることができるモバイルSuica会員は本当に便利です。

入金(チャージ)はモバイルSuicaにクレジットカード登録をしておけば、いちいち改札の券売機にいかなくても、iPhoneアプリ上から簡単に追加チャージができます。

残高が不足すると自動で追加チャージされる「オートチャージ」はVIEWカードが必須です。

 

VIEWカード以外は年会費が必要

便利なモバイルSuica会員ですが、年会費については注意が必要!

VIEWカード所持者であれば無料ですが、その他のブランドのクレジットカードを登録する場合は、年会費1,030円(税込)がかかります。

チャージ入金や定期券の購入などクレジットカードを使用した購入になるので、サービスをフルで使用するには、クレジットカードの登録は必須になってきます。

モバイルSuica会員に登録せずに、Apple PayにSuica登録するだけであれば、通常のカード型Suicaと同じように券売機でのチャージ入金、電車の利用、電子マネーを使った決済などは年会費無料で使用できます。

【Apple Pay】iPhone 7(Plus)にSuica(スイカ)を登録する設定方法・使い方 [iOS10.1]

2016.10.25

 

個人的には、券売機に行くことなく端末上からすべて操作できるので、この年会費に見合ったサービスだとは思います。

なお、iPhoneのApple PayでのSuica利用は、EX-IC対応・銀行チャージ・キャリア決済チャージなどには、現在のところ対応していません。

スポンサーリンク

iPhoneのSuicaアプリでモバイルSuica会員に登録する設定方法

では、Suicaアプリ上でモバイルSuica会員に登録する方法を解説します。

App Storeから「Suica」アプリをダウンロード・インストールします。

 

インストールしたSuicaアプリを起動し、「チケット購入・Suica管理」をタップ。「会員登録」と進みます。

iphone-mobilesuica-registration-03

 

規約が表示されるので「同意する」を選択し、メールアドレスやパスワード、氏名、秘密の質問など必要な情報を入力していきます。

入力が終わったら、画面右上の「完了」をタップ。

iphone-mobilesuica-registration-04

 

「アップグレードが完了しました」と表示されたら「OK」をタップします。

iphone-mobilesuica-registration-05

これで「モバイルSuica会員」への登録は完了です!

 

iPhone7及びiPhone 7 Plusで、Apple PayにSuicaを登録する場合はこちらの記事を参考にどうぞ。

【Apple Pay】iPhone 7(Plus)にSuica(スイカ)を登録する設定方法・使い方 [iOS10.1]

2016.10.25
 Apple公式サイトで「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」をチェック!

 

 

iphone-mobilesuica-registration-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!