【iOS10】iPhoneアプリ「iMessage(メッセージ)」の便利な使い方!エフェクトやステッカーなど新機能を徹底解説!

iphone-ios10-imessage-01

iPhoneやiPadの根幹となるソフトウェアiOS史上で最大のアップデートと言われるiOS10がリリースされました。

iOS10は、メッセージアプリの大幅な進化、UIの刷新、Siriの進化、Mapアプリの改善など多様にわたる項目で機能改善されています。

中でも、メッセージアプリはかなり大規模な進化を遂げていて、国内では主流のコミュニケーションアプリである「LINE」をしのぐほどの数々の新機能が搭載されています。

今回は、iMessage(メッセージ)の新機能を使い方や送信方法を紹介します!

これを使いこなして、メッセージでのコミュニケーションを楽しみましょう!!

 

iMessage(メッセージ)を使用するには!?

iOS10-WWDC-2016-44

iPhoneを使用している人にとって、Eメールはデフォルトの「メール」アプリ、チャットやトークは「LINE」を使っている人が大半で、緑アイコンの「メッセージ」アプリといえば番号で送れるSMSのみで利用している なんて人も多いんじゃないかと思います。

iMessage(メッセージ)を使用するには「メッセージ」アプリの設定が必要です。

iMessageとSMS/MMSは、両者ともiOSの「メッセージ」アプリを使用するので混同しがちですが、全く別のものです。

 

iMessageとSMS/MMSの違い

「iMessage」はiPhoneやiPadといったiOS端末やMac間というApple製品間でやりとりするメッセージ形態のことです。

ドコモ・au・ソフトバンク・MVNO等といったキャリアにとらわれることなくApple IDに関連づけられたアドレスを使用して送受信することができます。

送受信時にデータ通信量はカウントされますが、1通○○円といった費用はかからず無料です。

 

一方、SMS/MMSというのは携帯電話の番号やメールアドレスを使用して送る単なるテキストメッセージです。いわゆる昔でいうショートメールとかCメールってやつです。

SMSの場合、例えば1通あたり3円というように、利用するには料金が別途発生します。

 

この2つの違いは、チャット画面の吹き出しの色で判断することができます。

iphone-ios10-imessage-03

iMessageとSMS/MMSの違い

  • iMessageの場合 (画像左)→ 「青」
  • SMS/MMSの場合 (画像右)→「緑」

 

今回のiMessageの豪華なエフェクトなどの新機能は、iPhoneやiPadといったiOS端末やMac間で行う「iMessage」(吹き出しが青色)で使用することが可能です。

 

iMessage(メッセージ)アプリの設定方法

ホーム画面から、「設定>メッセージ」と進みます。

iphone-ios10-imessage-04

 

続いて、「iMessage」をONにして下にある「送受信」と進み、「iMessageにApple IDを使用」をタップします。

iphone-ios10-imessage-05

 

所持しているApple IDとパスワードを入力しサインインします。

完了するとApple IDが表示されます。

iphone-ios10-imessage-06

これでiMessageを使用する準備はOKです。

 

iMessage(メッセージ)でエフェクトを使って送信する方法

まずは、新機能の1つであるテキストエフェクトです。

ただ、横文字を送るだけでなく吹き出しや背景に特殊な効果を付けて送信することにより文字が装飾されより相手に感情が伝わります。

 

テキストにエフェクトを追加

iMessageで相手に送りたいテキストを入力後に、右の上向き青矢印を長押しします(3D Touch)。そして「吹き出し」を選択し、好みのエフェクトを選びます。

iphone-ios10-imessage-07

テキストのエフェクトには、「スラム」「ラウド」「ジェントル」「見えないインク」の4種類があります。

それぞれのエフェクトの特徴は、文字で書くより動画を見てもらった方が一発でわかると思うので下のVine動画をみてください。

【スラム】

 

【ラウド】

 

【ジェントル】

 

【見えないインク】

見えないインクは、モザイクをかけた様な状態で相手に送れます。相手がメッセージを開封すると出現するような仕組みです。

 

テキストの背景にエフェクトを追加

テキストの背景にもエフェクトを付けることができます。

相手に送りたいテキストを入力後に、右の上向き青矢印を長押しします(3D Touch)。「スクリーン」を選びます。

iphone-ios10-imessage-08

各背景効果は右左にスワイプすることで切替られます。切替できるのは「風船」「紙吹雪」「ビーム」「花火」「流れ星」の5種類です。

 

【風船】

 

【紙吹雪】

 

【ビーム】

 

【花火】

 

【流れ星】

 

かわいいものからロマンチックなエフェクトまでたくさんあります。シーンによって使いわけるとメッセージが一層盛り上がること間違いなし!

 

画像にもエフェクトを追加できる

これらテキストボックスや背景の効果は、テキストだけでなく画像にも追加することが可能

入力用のテキストボックス横にあるカメラアイコンをタップして、送信したい写真を選択します。

メッセージアプリ上で撮影したものをアプリを切り替えることなくそのまま送信できる機能もあるので便利!

iphone-ios10-imessage-09

 

例として、「見えないインク」効果を使って送信。画像にもしっかりと効果を追加することができています。

iphone-ios10-imessage-10

サプライズで画像を送りたいときには便利ですね!

テキストや画像を普段通りに送るのではなく、これらエフェクトを追加すればメッセージや画像がより華やかで感情豊かなものになります。もらった相手も絶対嬉しいはず!!

スポンサーリンク

Digital Touch(デジタルタッチ)でスケッチを送信する方法

Digital Touch機能を使えば自由なスケッチ画を送信することができます。

テキストボックス左のハートアイコンをタップするとDigital Touch画面が出現。黒背景の画面部分に軌跡画の様な絵を描くことができます。

iphone-ios10-imessage-11

 

画面が小さいようであればフル画面にすることも可能です。右下の上向き矢印アイコンをタップ。

フル画面になるので自由に描きます。色はカラーボタンをタップすると変えることが可能です。

iphone-ios10-imessage-12

終了したら右下の青矢印をタップすると送信できます。

 

また、2本指でタップ、タップ後にスワイプなどデフォルトで決まっているジェスチャを入力すると、キス・ハートビート・ファイヤーボールといった定型アクションを送信することも可能です。

iphone-ios10-imessage-13

スケッチ画が送れるというのは他にはない機能なので、細かい表現を伝えたいときなんかに役立ちそうです。

ステッカー機能(スタンプ)を使う方法

LINEのトークではお馴染みですが、トークの中でテキストではなくスタンプを送信するのはもはや定番となっていますが、iMessageでもこの機能が追加されました。スタンプではなく「ステッカー」です。

 

ステッカーを貼るには、テキストボックス横のApp Storeアイコンをタップします。

次に画面左下にある○が4つ正方形に整列したアイコンをタップし、+アイコンの「Store」をタップします。

iphone-ios10-imessage-14

 

App Storeの中から使用したいステッカーを選びます。LINEのスタンプストアと要領は一緒。

決まったらタップしてインストールします。

するとステッカーが追加されるので、LINEスタンプと同じように、送りたいものをタップしてメッセージとして送ります。

iphone-ios10-imessage-15

 

9月13日には、ステッカーのApp Storeがリリース開始され、無料でスーパーマリオのステッカーが配信されるなど、なかなか充実したラインナップとなっています!

iphone-ios10-imessage-16

もちろん無料のものから有料のステッカーもあるので、お気に入りのものがないかチェックしてみることをオススメします!

現時点でリリースされているオススメの無料ステッカーはこちら。

 

メッセージ個別にリアクションする方法

相手先に送信したテキストメッセージ(吹き出し)に対して個別にリアクションすることができます。

例えば「今日試合で勝ったよ!」というメッセージを受信したら、そのテキストが書いてある吹き出し個別ごとに「イイね!」という感じでリアクションすることができます。

 

やり方ですが、リアクションしたいテキストの吹き出しを長押しします。

すると下の画像のように6種類のリアクションが表示されるので、好きなモノを選びタップします。

iphone-ios10-imessage-17

すると吹き出しの隅に、選んだリアクションのアイコンが表示され相手に伝えることができます。

「イイね!」「おもしろい!」「ビックリ!」なんていうちょっとした場面で気軽に使うのが良さそう。

スポンサーリンク

手書きメッセージを送る方法

iMessageでは手書きのメッセージを送ることができます。

手書きメッセージを入力するにはiPhoneの画面を縦向きから横向きに回転させる描画エリアが登場します。

iphone-ios10-imessage-18

 

好きなメッセージを手書き入力し、右上の「完了」をタップ。

プレビューウインドウになるので、「↑」をタップして本送信します。

iphone-ios10-imessage-19

手書きの独特なタッチ感は、何となく優しい感じがして良い印象がありますね。

例えば、ちょっとしたケンカをしてしまって相手に謝りたい なんて時には、無機質なテキストとは違って手書き入力を使ってみるのも印象的でGoodな気がします!

 

GIFアニメーションを送ってさらに楽しく

簡単なGIFアニメーションを使って、メッセージの会話をさらに盛り上げられます。

テキストボックス横の App Storeアイコン>左下のメニューアイコン>#イメージ と進みます。

iphone-ios10-imessage-20

 

右下の上向き矢印をタップして、検索窓に送りたいGIFアニメのキーワードを入力します。今回は例として「びっくり」を検索。

iphone-ios10-imessage-21

 

送信したいGIFアニメをタップして、プレビュー確認後、「↑」をタップして送信します。

iphone-ios10-imessage-22

GIFアニメーションの素材は面白いものからシリアスなものまで色々揃っているので、探してみると結構面白いですよ。

 

音楽(Apple Music)の情報も簡単にシェア

気に入った音楽情報をシェアしたいなんて時も便利です。Apple Musicに対応している曲を簡単にシェアできます。ただし、Appleの音楽配信サービスでApple Musicを利用している必要があります。

テキストボックス横の 「App Storeアイコン>左下のメニューアイコン>ミュージック」 と進みます。

iphone-ios10-imessage-23

 

シェアしたい楽曲をタップして、プレビュー画面の「↑」をタップして送信します。送信した楽曲情報がメッセージとして送信されて、再生したりiTunesでの購入が簡単に行えます。

iphone-ios10-imessage-24

「気になっている曲があるだけど、これどう?」みたいに相手にオススメしたい場面なんかで使えそうな機能です。

 

iPhone同士ならiMessageがオススメ!

iOS10で一番大きく進化したのはこの「iMessage」の機能です。

これらの新機能を使いこなせば、楽しみ方は無限大!

LINEももちろんいいんですが、iPhone同士であれば楽しむことができるので、ぜひ一度新しいiMessageを試してみてください!

毎日のメッセージのやり取りがさらに楽しくなるかも知れませんよっ!!

iphone-ios10-imessage-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

8 件のコメント

    • iPhone 6s/7は、送信ボタンを強く押して、目的の項目まで指をスライドさせ、決定するときに指を離してください。

      うまくいかない場合、設定→一般→アクセシビリティ→3D Touchで押す強さを調整してください。

      iPhone 6以前/iPad/iPod touchの場合は、送信ボタンを長押しして、指をスライドさせて選択、指を離して決定になります。

      なお、どの機種であっても、送信・受信側のどちらかでも以下の状態になっている場合はできません。相手に設定変更やアップデートをお願いしましょう。
      ・設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす (3Dエフェクトを無効にする設定) がオンになっている
      ・設定→メッセージ→iMessageがオフになっている (送信ボタンが緑色になるはずですが)
      ・macOS Sierra/iOS 10以上にアップデートされている機種が1つもない (されているのとされていないのが混在している場合は、アップデートされていない機種では「○○で送信」と表示)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!