新生9.7インチ型「iPad」発表!価格は大幅値下げの37,800円から、サブ機にタブレット探している人には朗報

iPad Airはどこにいったのやら。

どうも、NINO(@fatherlog)です。

Appleは公式サイトのサイレントアップデート後に9.7インチ型の新生「iPad」を発売を発表しました!

Apple公式ストアでの注文受付は、3月25日の午前0時1分から開始となっています。

 

iPad Air 3ではなくて、シンプルに「iPad」

今回新しく登場したのはその名も「iPad」です。Airとかminiとか接頭辞のようなものは一切ついていません。シンプルに「iPad」となっています。世代としては第5世代に相当するそう。

iPad Air 2が長らく人気機種となっていたために生まれかわったモノは、iPad Air 3なるモノかと思いきや、まさかの名称原点回帰。さすがクック船長ですわ。

でもシンプルに「iPad」っていう方が分かりやすい気もします。

 

何が進化した!?

新しく生まれ変わったiPadは、iPad Air 2とはディスプレイサイズも含めて仕様は大体一緒。でも一部はしっかりと進化しています。

んで、iPad Air 2と比較して何が進化したかというと・・・

 

  • プロセッサ A8Xから「A9」
  • モーションコプロセッサ M8から「M9」
  • バッテリー容量 27.3Wh→「32.4Wh」
  • 本体厚み 6.1mm→「7.5mm」
  • 重さ Wi-FIモデル:437g→「469g」、Wi-Fi+Cellularモデル:444g→「478g」
  • 名前 iPad Air 2→「iPad」

主な変更点はこんな感じです。

要は、「iPad Air 2より処理が高速になってバッテリー持ちが良くなり、その分厚くなって重くなった」ということです。

あと、一番大事な名前。新しいの出る度に iPadゴニョゴニョ・・・ ってなっていたものが、シンプルに「iPad」になっています。まさに原点回帰。実にAppleらしい。歓迎。

一番重要なのは大きく値下がりした価格!

価格とモデルは以下のとおり。

Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
32GB 37,800円 52,800円
128GB 48,800円 63,800円

(※いずれも税別)

 

32GBのWi-Fiモデルなら4万円以下で買えるという点がポイントですね。これまでのiPad Air 2の32GBWI-Fiモデル販売価格が42,800円だったので、5,000円の値下げとなります。

iPadってあくまでタブレットなんで、メイン端末として使用するよりは、サブ端末として使用している人が多いと思います。ぼくのサブ端末ユーザーの一人。

つまり、容量が小さくて、外で通信出来ないモデルでも需要が一定数あると思うので、今回この最低容量のWi-Fiモデルをより求めやすい価格に設定したのでは、と思っています。外で通信したければ、iPhoneでいつでもテザリングできますからねー。

 

自宅利用でiPad欲しかったーなんて人にはこの値下げは朗報ですね。まぁ仕様が少し良くなっているので「値下げ」という表現は違うかもしれませんが。

外出先で頻繁に使用するという人は、15,000円多く払ってでもWi-Fi+Cellularモデルにして格安SIMで運用した方が絶対効率的かつ経済的だと思います。

反対に、スマホの傍ら、自宅で大画面でちょっぴりインターネット、ちょっぴり動画閲覧くらいの使い方だったらWi-Fi-モデルが丁度良いくらいですね。

 Apple公式ストアiPadをチェック!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!