Apple、最大規模のアップデート「iOS10」を発表!iPhone・iPadライフがより快適に!WWDC2016イベントまとめ

iOS10-WWDC-2016-01

どうも、NINO(@fatherlog)です。

Appleの開発者会議「WWDC 2016」が現地時間6月13日に開幕しました。

初日の基調講演では、「watch OS」、「tv OS」、「macOS」(旧OS X)、「iOS」のアップデートがそれぞれ発表されました。

中でもiOS史上で最大規模のメジャーアップデートと言われている「iOS10」の新機能はてんこ盛り!

WWDC2016で発表された「iOS10」の新機能をまとめてみました。

 

 

UIが刷新され、ロック画面から3DTouchで操作も可能に

iOS10-WWDC-2016-02-1

今回のメジャーアップデートに伴って、iOS画面のUIが刷新され新しいデザインへ生まれ変わっています。

 

3D Touchを使って、ロック画面からメッセージの返信をすることも可能。イチイチ解除しなくてもできるのは便利。

iOS10-WWDC-2016-02

 

ロック画面のまま、通知をタップしてカレンダーへ登録することも可能。これも3D Touchを使用。

iOS10-WWDC-2016-03

 

ロック画面からカメラを起動したい場合、iOS9では画面右下のカメラアイコンを下から上にスワイプすると起動できていたと思います。下から上に右手親指を動かす操作って若干やりにくい感じがしていました。

iOS10では右から左にスワイプでカメラを起動。細かい操作方法の違いですが、親指への負担を考えると使いやすくなるのは嬉しい。

iOS10-WWDC-2016-04

 

メールでは、3D Touchにより返信をしていないひとが自動的にリスト化される機能も追加。

iOS10-WWDC-2016-05

 

通知画面上で動画の再生もできます。

iOS10-WWDC-2016-06

 

「Siri」がサードパーティ製アプリでも利用可能に

iOS10-WWDC-2016-07

Siriはその正確な音声認識技術で電話、メール、検索などユーザー利用を大いに補助してくれる優れもの。これまではSafariやメール、電話、カレンダー、リマインダーといった一部のApple純正アプリでしか利用することができませんでした。

iOS10では、Siriがサードパーティ製アプリに解放され利用することが可能に。

iOS10-WWDC-2016-08

例えば、SNSではもはや必須アプリのLINEでSiriが利用可能になれば、手が使えない状況でもトークでメッセージ返信ができるのでラクになりますね。これは使えそう!

イベントではSiriを使ってWeChatを使用するデモがありました。

iOS10-WWDC-2016-09

 

Siriを使って、写真の検索をすることも可能。

iOS10-WWDC-2016-10

 

もちろんCarPlayに対応している車種であれば、カードライブでもSiriを使えます。運転中は手が塞がるのでSiriは使えますね。

iOS10-WWDC-2016-11

 

高度な予測変換が可能な「Quick Type」

iOS10-WWDC-2016-12

入力している文脈から場面や状況など読み取り、高度な予測変換を表示させる「QuickType」。iOS8から登場しているこの機能ですが、Siriで学習した言葉もこれに反映されるようになり、さらに高度な予測変換を表示してくれます。

iOS10-WWDC-2016-13

 

「今どこにいる?」って聞かれ返信しようとすると、Mapで現在地を表示させることを予測候補として提案してくれます。

iOS10-WWDC-2016-14

カレンダーに登録してあるイベントから予測して返答語句の候補を表示させることも可能です。

 

「写真」アプリの改善

iOS10-WWDC-2016-15

 

「写真」というアプリ名は相変わらずダサいままですが、機能が大幅に向上。

そのメインとも言えるのは「Advanced Computer Vision」とよばれる独自の写真解析技術。

iOS10-WWDC-2016-16

撮影された写真が保存されているiPhoneの写真アプリの中でAdvanced Computer Visionを使って、顔認識や撮影シーンの認識を実行します。

iOS10-WWDC-2016-17

この写真認識によりユーザーは何もすることなくただ撮影するだけで、人物ごと、場所ごと、イベントごと、というように自動的に写真をカテゴリー分けすることが可能になります。

iOS10-WWDC-2016-18

 

場所の認識・解析も可能。移っている被写体全部を解析します。

iOS10-WWDC-2016-19

 

認識された写真は自動的にカテゴリーを生成してくれます。例では、イベント別に「山」「海」での出来事がまとめられています。

iOS10-WWDC-2016-20

 

イベントとして自動で振り分けられた写真や動画のスライドショーも自動で作成されます!

この機能、かなりいいですね!!しかも、「HAPPY」や「DREAMY」など雰囲気を指定することで、BGMやトランジションもかわり、忠実に表現された独特のスライドショーを一瞬で作れます。

スライドショーの長さも短め・普通・長めと設定できます。

iOS10-WWDC-2016-22

個人的にはスライドショーを作る課程も楽しむタイプですが、このように自動で簡単に本格的なスライドショーが作成できるのは革新的だと思います。このような機能を待望していたユーザーは絶対多いはず!

もちろんiMacやMacBookでも表示可能です。

iOS10-WWDC-2016-23

 

「地図」アプリ

iOS10-WWDC-2016-24

地図アプリもUIが刷新。

ユーザーのスケジュールも折り込むようになり、例えば周辺のレストラン検索をした場合はスケジュールに影響が出ないように、最適な提案を地図アプリが提供してくれます。

カーナビとして使用しているときも、ズームイン/アウトが自動で切り替わり視認性が向上。交差点や渋滞表示では自動的に拡大します。

iOS10-WWDC-2016-25

 

CarPlay対応車種に表示させることも可能。これあれば車のナビいらないですね。通信費は気になるけど。

iOS10-WWDC-2016-26

 

さらに車種によっては、コックピットのインフォメーション部分にナビを表示してくれる機能もあります。車の頭脳部分がiPhoneに支配されてるってことね。すごすぎるっ。

iOS10-WWDC-2016-27

 

デモでは、周辺のシーフードレストランを検索して、地図アプリ上でレストランの予約もしていました。

リアルタイムでレストランの空き状況が地図アプリに表示されるなんて便利すぎ。いちいちSafariで検索し直したり、店に電話をかける必要がなくなります。

iOS10-WWDC-2016-28

その他、配車アプリUberの支払いも地図アプリ上でApple Payを使って決済することも可能。

 

UIが刷新された「Apple Music」

iOS10-WWDC-2016-29

Apple Musicのデザインも刷新されました。

アートワークが際立つような表示になりフォントも見やすく改善。

iOS10-WWDC-2016-30

 

よりハッキリとしたような雰囲気になったかな。このデザイン結構好き。

iOS10-WWDC-2016-31

 

歌詞表示にも対応しています。この機能地味に嬉しい。

気にあるアノ曲の歌詞もすぐにわかります!日本語も対応するのかな!?

iOS10-WWDC-2016-33

スポンサーリンク

「News」アプリ

iOS10-WWDC-2016-35

Newsアプリの配信は2000社を超え、6000万人以上が利用しています。

でも実はNewsアプリはiOS9の現在では米国内だけの対応。日本は非対応なんですね。便利そうだから使ってみたいけどなぁ。

iOS10-WWDC-2016-36

iOS10で日本も対応開始になることに期待しましょう。

 

iPhoneで暮らしをコントロールする「Home Kit」

iOS10-WWDC-2016-37

「Home Kit」に対応した製品であればiPhoneを使って暮らしをコントロールすることができます。コントロールするには発表された新しいアプリ「Home」を使います。

iOS10-WWDC-2016-38

このHomeアプリを使うことにより、カーポートの自動扉を開閉したり、部屋の照明を調光したり、空調コントロールしたりと、さまざまな管理をすることができます。

またSiriに「おはよう」としゃべりかけるとHomeアプリと連携し、自動的に朝の調光に切り替わります。

 

インターホンがなれば、ドアモニターに表示されている映像をiPhone上に映し出すこともできます。

iOS10-WWDC-2016-39

 

外出先でもApple TVが自宅にあれば、そのネットワークを利用して家にいることなく遠隔操作でコントロールすることができます。

iOS10-WWDC-2016-40

 

 

「電話」アプリ

iOS10-WWDC-2016-41

電話アプリでは留守番電話の内容を文章に書き起こしてくれる機能が追加。英語は対応しそうだけど、日本語は多分無理そう。

連絡先登録されていない相手からの電話の場合は、素早く電話番号検索をしてスパム判定もできます。

ロック画面をカスタマイズできるVoIP用API提供も発表。

iOS10-WWDC-2016-42

 

 

大幅に使いやすくなった「メッセージ」アプリ

iOS10-WWDC-2016-44

iOS10の発表の中では、このメッセージアプリの内容が一番濃かったです。かなりの力のいれようでした。

ぼくはメッセンジアプリは使用せず、もっぱらLINE派ですが、こんな満載な機能があるならばメッセンジアプリに乗り換えようかなと検討中。

iOS10-WWDC-2016-45

メッセンジアプリ上で、前面カメラのFaceTimeHDカメラで写真を取ることも可能。いちいちアプリを切り替えなくて済むのでラク。

Youtube動画が送られてきたらメッセンジアプリ上で再生も可能です。

 

絵文字は3倍多きいサイズで表示させることも可能になりました。入力した文字をタップすると絵文字に変換してくれます。日本語は対応するのかは不明。

iOS10-WWDC-2016-46

余談ですけど、絵文字って英語で「Emoji」っていうんですね。知りませんでした。

 

Bubble Effects(バブルエフェクト)では、テキストが表示された吹き出しに特殊効果をつけて変化させることが可能。画像じゃ伝えずらいんですが、なかなか面白い機能です。

iOS10-WWDC-2016-47

 

手書き文字も入力可能。

端末上で絶対こんなうまく書けないだろって感じの「Thank You」

iOS10-WWDC-2016-48

手書き入力できたらラクですよね。文字にできないニュアンスを伝えづらいこととかも手書きなら伝えられます。この機能かなりいいかも。

 

Full Screen Effectsでは送ったメッセージの背景に動画を設定することが可能。かなりダイナミック。

iOS10-WWDC-2016-49

 

メッセンジャで送れるスタンプは、LINEのスタンプみたいに色々なシリーズがあります。LINEを脅かす存在!?

iOS10-WWDC-2016-50

 

顔のキャプチャを使ってエディー氏が踊るこんなおふざけ動画も送るデモも。地味にやりたいわ。

iOS10-WWDC-2016-51

 

日本ではいわずもがなでLINEがメッセンジャー系でトップシェアを誇っていると思いますが、遅れを取っていたAppleのメッセンジアプリがLINEに数々の機能で追いついたって印象。

むしろBubble Effectsなどオリジナルの機能が追加されているので、シェア奪還なるかというとこでしょうか。

リリースが楽しみです!

 

Live Photosの編集やiPad でのSplit View対応

大きな10項目の改善の他に、Live Photosの編集も可能になりました。どのように編集できるのか気になります。

iOS10-WWDC-2016-54

 

また、iPadで画面を左右分割表示させるSafariのSplit Viewができるようになりました。画面を並べてブラウジングしたい時には重宝しそうな機能。

iOS10-WWDC-2016-55

 

「iOS10」の正式公開はいつ!?

iOS10-WWDC-2016-56

最大規模のメジャアップデートとなる「iOS10」の公開は開発者向けは本日から、一般ユーザー向けの公開は2016年の秋頃です。

対応機種は以下のとおり。

iOS10-WWDC-2016-57
iPhone iPad iPod
iPhone 5 第4世代iPad 第6世代iPod touch
iPhone 5c iPad Air
iPhone 5s iPad Air2
iPhone SE iPad Pro
iPhone 6 iPad mini 2
iPhone 6 Plus iPad mini 3
iPhone 6s iPad mini 4
iPhone 6s Plus

3D Touchを使った新機能も多いので、iOS10をフルに活用するんであれば、3D Touchに対応したiPhone6sやiPhone 6s Plusといった端末が理想です。

個人的には「写真アプリの解析やスライドショー」「メッセンジャーアプリの追加機能」が特に期待度高し!!

首を長くしてリリースを待ちましょう!

iOS10-WWDC-2016-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!