【レビュー】耳に挿すだけで簡単装着できる「iEC Bluetoothイヤホン」の音質はなかなかのもの、ですが・・・

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-01

どうも、NINO(@fatherlog)です。

イヤホン、ヘッドホン、スピーカーといった音を出すモノは、最近Bluetooth化が進んでいます。コードを煩わしく感じるぼくにとって、この流れはかなり嬉しい限りです。

Bluetoothタイプのイヤホンは、耳からの落下防止のため「耳かけフック」が付いている製品が多いのですが、慣れていないと耳に装着する時にちょっと手こずってしまいます。

今回は一般的なものとは少し違って、耳かけフックがない「iEC Bluetoothワイヤレスイヤホン」をレビュー。iEC Technologyより提供していただきました。

 

iEC Bluetoothワイヤレスイヤホンが届いた!

今回の製品はEC Technologyブランドのもの。Amazonでリーズナブルなガジェット類を提供している企業です。どういうわけか最近はiEC Technologyに名前が若干変わったのか、頭に「i」が付くようになったみたいです。

ポータブルBluetoothスピーカーの記事でも書いてますが、同ブランド製のスピーカーはなかなかコスパの高い製品です。

果たして今回のイヤホンはどうなんでしょうか!?

 

というわけで、早速製品到着しました。

イヤホンのパッケージ外観はとてもシンプル。フラストレーションフリーな感じ。どこかで見たことあるようなパッケージですが・・・。色合いも似てる。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-02

イヤホンのCAD図のようなイラストの上に「Sports Headset」と表記があります。企業的にはスポーツでの使用をメインとして考えているようですね。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-03

コチラが箱を開けたところ。iECロゴのカードが印象的。

この新ロゴ、なかなかカワイイ感じで結構好きかも。

 

カードをめくると、イヤホン本体が現れました。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-04

ハウジングの周りがスポンジで覆われていています。このキュッとはまっている感じは好き。パッケージデザインはシンプルですが、梱包の中身はしっかりしています。

 

というわけで、中身を全部取り出してみました。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-05
  • Bluetoothイヤホン本体
  • 交換用イヤーピース S・M・L
  • スポーツ用!?耳かけ式イヤーピース(黒い楕円形のもの)
  • コード調節する黒いやつ(名称わからん)
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書

 

Bluetoothイヤホンの本体カラーは、かなりビビットな赤色が印象的です。

交換用イヤーピースがスポーツタイプのものと合わせて4種類ありますので、人それぞれ違う耳の形状にもしっかりとフィットしてくれそうです。

特に今回のようなカナル型イヤホンの場合、耳の穴に完全に栓をして一種の気密性を保つことで性能を発揮してくれるので、フィットするためにイヤーピースが豊富なことは重要な事であり評価できます。

 

外観レビュー

それではBluetoothイヤホン本体の外観を見ていきます。

ハウジング部分はアルミ製なのでとても軽い上、丈夫に作られています。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-06

イヤホンのコードはフェットチーネのような平打ち麺タイプ。あぁ、日本式に言えば「きしめん」ね。一般的な丸い筒状のコードタイプと比べて、コード同士が絡まないので便利

 

こちらはイヤーピース部分。「柔らかいシリコンゴム製イヤーキャップで、手触りが非常によく、ぴったりと快適に耳にフィットし、装着しているのを忘れるくらい自然な着け心地」と説明がありましたが、確かに付け心地は快適です。

耳の穴にキュッとはめ込むわけですが、イタいとかそういう感じはなく隙間なくしっかりと入ってくれます。装着感を忘れることはありませんでしたが、気にはならないといった感じ。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-07

 

ハウジング外側部分はマグネットになっていて、左右のイヤホンが「カチっ」とくっつきます。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-08

最初このマグネット機能なるものが何を意図しているのかよく分かっていませんでした。「くっついて何になるの?」って具合です。

イヤホンを使った後にそれが分かりました!

例えばですが、イヤホンの使用はやめたもの首にコードを引っ掛けたままにしておきたいとします。そのままの状態では、ちょっと体が動いたりすれば、すぅーっと本体が落下してしまう可能性がります。

しかし、このマグネット機能を使ってハウジング部分をくっつければ首の周りで首輪のような状態になり、歩きがながらといった動いている場面でもイヤホン本体が床に落ちてしまうことがありません。

また、くっつけて収納することにより不用意にコードが絡まないのもいいですね。

 

イヤホンの中枢であるコントローラー部分。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-09

「+」ボタンを1回押すと音量を大きくでき、2回カチカチっと押すと曲送りができます。同様に「ー」ボタンでは音量を小さくまたは曲戻しができます。

真ん中のマルチファンクションキーでは、長押しで電源ON/OFF、通話のON/OFF、Bluetoothペアリングモードへの設定などが行えます。

このコントローラは右耳部分に偏ってついていますので、右手で操作することがメインとなります。装着しながらだとボタンが見えないので、左利きの人は慣れるのにすこし苦労するかも。

 

イヤホンは充電式。コントローラ側面分から給電します。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-10

充電性能としては、満タン充電で音楽再生4.5時間連続通話時間は5時間となっています。

1日に活動中に使う時間と考えれば十分使えます。

スポンサーリンク

気になる音質は!?

記事作成時点でのAmazonでの本体価格は2,699円ですが、この値段のイヤホンから出てくる音質ではないなというのが率直な印象。かなり音質がいいですよ。

特に低音部分がしっかりと出ます。ぼくの好みでエモロックな曲をよく聴きますが、しっかりと低音が音に乗ってくるので音に厚みが出ます。ホント3,000円以下のイヤホンでこんな重低音出るのって感じ。高級機種にも負けをとらないぐらいです。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-11

反対に中・高音域に関しては、すこし弱い印象。特に高音部分の伸びが弱いのではっきりとしたいわゆる「クリアな音」ではないです。極端に表現するならボンヤリしたようなイメージが近いかな。

低音部分で厚みがある音を出せるので、再生している全体的な音質としては、それっぽく良さげな音として聞こえてきます。

 

ただ1点、決定的に残念な点が。

このイヤホン、LとRのチャンネルが逆になっています。よく聞く曲をこのイヤホンで聴くと明らかな違和感に包まれます。だって左と右の音が逆に聞こえてくるからね。いつもと違うんですよ。ステレオのイヤホンとしてはかなりな致命傷。

対処方法としては、LとRのイヤホンをそれぞれ逆の耳につければ元通りになりますが、なんかコレって違いますよね。そういう問題じゃないし。

 

使ってみて分かったこのイヤホンの一番良い点は、装着が手軽にできること。イヤホンというそのポータブル性を考えると、耳にはめるだけで気軽に装着できるお手軽感はGoodです。
さらに低価格のわりに低音がしっかりとした厚みのある音が出るので、ソレっぽく聞こえます。

LとRチャンネル逆問題はちょっといただけないです。それさえ直れば、買いなイヤホンだと思うんだけどなー。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

iEC-Technology-Bluetooth-Earphone-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!