【レビュー】コンセント周りが驚く程スッキリ!dodocool製USB充電器 が便利すぎる!

dodocool-USB-Charging-Port-01

スマホに、タブレットに、Bluetooth機器に、モバイルバッテリー。

どの製品にも共通するのがUSB接続して充電することが前提ということです。

そしてこれだけのガジェットがあるとコンセント周りはコードとアダプタで溢れかえりグチャグチャ。

そんな方にオススメなのがdodocool製「USB充電器」です。

USBポートが5端子ついていながら、アダプタ側はコンセント1口しか使わないので、コンセント周りがとてもスッキリ!

今回この便利な充電器を提供いただいたので早速レビューします。

 

dodocool製 USB充電器

スマホやタブレットのみならず、普段持ち歩くようなデジタルガジェットは軽くて持ち運びできる反面、日々の充電は必須になってくるアイテム。

所持してるガジェットが多い人はコンセント周りのコードとアダプタの煩雑さに嫌気が挿している人も多いんじゃないでしょうか。実はぼくもその1人。
dodocool-USB-Charging-Port-08

今回紹介するdodocoolのUSB充電器を使用すれば、使用するコンセントはたった1口だけ!

しかも、1口のコンセント接続だけで本体にはUSB端子が5ポートも搭載。

一気に5つの機器を充電することが可能。んー、何とも効率的!!

 

外観レビュー

パッケージはコレ。外からでは中身はよくわからないですね。意外にも箱はしっかりと作られていて固い箱です。

dodocool-USB-Charging-Port-02

 

中身一式を取り出しました。

dodocool-USB-Charging-Port-03
  • USB受電器本体
  • 取扱説明書
  • 電源プラグ

 

本体の側面は、これまた綺麗な白色ですわ。ツヤ感のある素材がちょっとした清潔感と高級感を出しています。

dodocool-USB-Charging-Port-04

 

本体のUSB端子。5ポートあるので、ガジェットたくさん所持していても安心です。

dodocool-USB-Charging-Port-05

出力は1つあたり5V/2.4Aで、5口の最大合計出力は8Aとなります。

 

こちらはAC電源プラグの差し込み口。

dodocool-USB-Charging-Port-06

ちなみにこのUSB充電器は、電気製品が安全性を満たしていることを表すPSEマークもしっかりと取得。安心して使えますね。

 

AC電源ケーブルの長さは1.5m。十分な長さがあるので場所を選ばずに、この充電ターミナルなるものを設置できます。

dodocool-USB-Charging-Port-07

付属のバンドを使って調節すれば、コードが煩わしくなることもなし。

 

dodocool-USB-Charging-Port-09

USBポートの端子間の間隔も問題なし。

USBケーブルを抜き差ししにくいということも特に感じませんし、丁度良い間隔です。

スポンサーリンク

コンセント周りが本当にスッキリした!

今まで本当にコンセント周りがすごいことになっていたんです。

アダプタの数はすごいわ、他用でコンセント使いたいのに使えないわ、で正直かなりイライラしていたんですよ。

dodocool-USB-Charging-Port-10

こんな感じでコンセントタップはほぼフル稼働。

 

んで、今回このdodocool製USB充電器に集約すると・・・

 

dodocool-USB-Charging-Port-11

 

たったのこれだけ!使用は1口のみ!

 

劇的にコンセントタップ周りスッキリしました。本当にありがとう。

 

 

dodocool-USB-Charging-Port-12

ガジェット類たくさん持っててアダプタが溢れかえっている方にはホントにオススメ!

寝室のベッド近くのコンセントが大変なことになってませんか!?? コンセント口数が足りず三つ叉プラグ挿しまくってませんか!??

これを使用してぜひスッキリ整理しましょう!

また今回、30%OFFになるクーポンコードも特別に提供していただきました。

30%OFFクーポンコード → 「F7MUBBRW」

9月30日までの使用期限です。この機会にぜひ!!

dodocool-USB-Charging-Port-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!