【Apple Pay】iPhoneのSuica(スイカ)にチャージ入金する方法を徹底解説!

iphone-suica-charge-apple-pay-01

Apple Payが10月25日にサービス開始。

Felica機能を搭載したiPhone 7(Plus)で、交通系ICカードであるSuicaが使えるようになっています。

Suicaを使って、電車に乗ったり、コンビニで買い物したりするには、ICカード内にチャージ入金する必要があります。

今回は、iPhoneに登録したSuicaへチャージ入金する方法を徹底解説します!

 

(スイカ)へのチャージ入金する前の初期登録や設定

cannot-register-for-suica-in-iphone-01

iPhoneをかざすだけでSuicaが使えるようになり大変便利になりました!

Apple Payの機能を最大限利用するには、以下の初期登録・設定作業が必要になります。

まだ行っていない人は先に済ませて置くとスムーズです。

WalletアプリにSuica登録

iPhoneにSuicaを登録するには、iPhone内にデフォルトで入っている「Wallet」アプリに登録をする必要があります。

まだ登録していない人は登録を先にしてください。

【Apple Pay】iPhone 7(Plus)にSuica(スイカ)を登録する設定方法・使い方 [iOS10.1]

2016.10.25

Walletアプリにクレジットカード登録

チャージ入金を始めとして「Apple Pay」を使って決済する場合は、Apple Payに対応したクレジットカードを登録する必要があります。

【Apple Pay】クレジットカードをiPhone 7(Plus)に登録する設定方法や使い方 [iOS10.1]

2016.10.25

Suicaアプリのインストール

また、JR東日本が提供しているSuica」アプリでは、登録したSuicaの管理が可能です。こちらも合わせてインストールしておきたいアプリです。

iPhoneのSuicaアプリで「モバイルSuica会員」に登録する設定方法

2016.10.26

 

Apple Payを使ったSuica(スイカ)へのチャージ入金方法は2通り存在

iphone-suica-charge-wallet-03

Apple Payを使ったiPhone内に登録したSuicaへのチャージ入金方法は、「Walletアプリ経由でチャージ入金する方法」「Suicaアプリ経由でチャージ入金する方法」の2通りがあります。

窓口が2つあるということになりますが、基本的にどちらから入金しても結果は同じなので、好みのやり方で行ってください。

またこれ以外に、Suicaアプリ上でモバイルSuica会員登録をして、モバイルSuica会員に登録したクレジットカード情報からチャージする方法もありますが、これについては別記事であらためて紹介します。

スポンサーリンク

方法1、Walletアプリ経由でSuicaにチャージ入金する方法

1つめの方法は、iOSのデフォルトで入っている「Wallet」アプリでSuicaにチャージする方法です。

Walletアプリ経由での追加チャージは、チャージ額を千円未満の一円単位まで細かく設定することができるのがメリットです。

ホーム画面から「Wallet」アプリを起動します。チャージしたいSuicaを選択します。

iphone-suica-charge-apple-pay-04

 

カードを表示したら右下にあるインフォメーションアイコンをタップ。メニューから「チャージ」を選択します。

iphone-suica-charge-apple-pay-05

 

下記例の場合、現状のSuica残高が3,161円なので839円を追加チャージして、残高を4,000円丁度にしてみたいと思います。

「839」とテンキーで入力。すると、新しい残高も自動で表示されます。内容確認後、右上の「チャージ」をタップします。

iphone-suica-charge-apple-pay-06

 

Apple Payに登録したクレジットカードから、Suicaへチャージされます。

Apple Payに複数のクレジットカードを登録している人は「カード」をタップして、決済がかかるクレジットカードを確認しておくことをオススメします。

iphone-suica-charge-apple-pay-07

確認したら、ホームボタンの指紋認証「Touch ID」を使って支払います。

注意点としては、ホームボタンに指をそっと載せた時点で即チャージ入金が開始され、元に戻せません! 結構反応良いですよ、すぐ開始されます。
チャージ額が間違っていないかも良く確認しておいたほうがよいですね。

iphone-suica-charge-apple-pay-08

支払い処理が終わるとステータスが「完了」になります。

 

右上の「完了」をタップします。

iphone-suica-charge-apple-pay-09

すると、839円分が追加チャージされ、残高が4,000円になっていることが確認できます。

これでSuicaアプリ経由でのチャージ入金は完了です。

スポンサーリンク

方法2、Suicaアプリ経由でSuicaにチャージ入金する方法

2つめの方法は、「Suica」アプリからSuicaにチャージ入金をする方法です。

ホーム画面からSuicaアプリを起動し、ログインします。

iphone-suica-charge-apple-pay-10

 

メインメニュー下にある「入金(チャージ)」をタップし、チャージ入金する金額を選びます。今回は1,000円分チャージをして、残高を5,000円にしてみます。

iphone-suica-charge-apple-pay-11

Suicaアプリでは、Walletアプリとは異なり1,000円単位での入金が基本です。

 

「Apple Pay」の黒アイコンをタップ。Apple Payに登録したクレジットカードを選択し、iPhoneホームボタンに指をふれ、指紋認証「Touch ID」で決済します。

iphone-suica-charge-apple-pay-12

 

これでチャージ決済が完了です。4,000円の残高から1,000円分追加され、5,000円になっていることが確認できます。

iphone-suica-charge-apple-pay-13

 

まとめ

Suicaのチャージ入金にApple Payを利用すれば、改札に並んだり、イチイチ機械を通してチャージする手間がなくなり、いつでもどこでもiPhoneからチャージ可能ですよ!

自身に合った方法でチャージ入金するのがベストですね!!

 Apple公式サイトで「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」をチェック!

 

iphone-suica-charge-apple-pay-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!