業界最安級月額480円から!イオンモバイルが遂にMVNO参入!

AeonMobile-01

どうも、NINO(@fatherlog)です。

我々庶民の味方である「イオン」が、またまた驚きのサービスを展開してくれます!

今まで代理店として他社ブランドの格安SIMや端末を販売していたイオンモバイルが遂に自社ブランドでMVNO事業に参入することを発表しました!

今回はその驚きのサービス内容を紹介!通信料金が安すぎてハンパないです!

「スマホ代が安くなるってこういうこと」なんです。

MVNOって何よ!? イオンが参入ってどういうことよ!?

「そもそもMVNOって何よ!?」って方もいると思いますので、簡単に解説します。

MVNOとは仮想移動体通信事業者のこと。読み方はそのまんま”エヌブイエヌオー”です。

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。

(Wikipediaより引用)

今回のイオンモバイルの例でわかりやすく簡単に言うと、イオンは自社でアンテナ基地局や通信網などのインフラ設備を持っていません。

そこでNTTドコモからその通信設備を借りて、イオン独自のプランで通信サービスを提供するといった仕組み。

独自のプランなので、イオンのブランドイメージである=格安な通信料金が提供できるわけです。

 

29種類もの格安通信プランが満載!

では今回新しく始まるイオンモバイルのプランはどれくらい安いんでしょうか。

もうね、ホント安いですよ、さすが庶民の味方!

最安のプランだとデータ通信のみの1GBプランが月480円と破格の値段

500円でおつり来ちゃいますからね。スタバの飲み物代くらいで毎月の通信量がまかなえちゃうんですよ。こりゃすごい。

ただ、正直1GBじゃちょっときついですね。

常にWi-Fi環境下で生活していて、たまに外で通信するってぐらいだと1GBでも良いんですが、毎日外で通信するって人には1GBじゃ足りないよってなりますね。

ぼくの場合auで月5GBプランです。1GBじゃとても足りません。

そんな人でも安心!最大50GBまでの全29種類のプランがありまっせ!

この表を見てどう思いますか?

はっきり言って安すぎませんか!? 大丈夫!?イオンさん!

 

ぼくの場合6GBの音声プランにしたいなと思っているのですが、なんと月1980円!

僕の場合大体6,000円くらいなので、今かかっている通信料金の3分の1ですみそうです。半額以下の3分の1ですよ!ホント安すぎる。

4,000円を1年間節約したら年間約48,000円

イオンモバイルに変えるだけで、家族旅行に毎年行けちゃいますね。ディズニー行きたいね、ディズニー。

 

余った通信料も翌月に繰り越せるようなので、多少大きめのプランにしても損はありません。

しかも他社みたいに2年縛りとかいう理不尽な制約もないので解約手数料も無料!気に入らなければリスクなしで変えられますね。

スポンサーリンク

サポートも充実!2月26日受付開始!

しかも、手持ちのSIMフリーにスマホにSIMカード挿すだけ。番号そのままで即日で引き渡ししてくれるみたいです。

ただ、僕の場合ちょっと問題があって、今使っているiPhone 6s PlusはキャリアのSIMロックがかかっているんですね。解除してもらうには購入後180日経過しないとSIMロック外してくれないみたいなんで、あと1ヶ月辛抱します。

みなさんもキャリアのSIMロックがかかっている人はよく確認した方が良いです。

NTTドコモ SIMロック解除のお手続き

au SIMロック解除のお手続き

Softbank SIMロック解除のお手続き

 

格安プランのイオンモバイルSIMカードは全国213店舗で販売・サポートされます。別途オプションでサポートプランも充実しています。

しかも3月31日までの申し込みなら音声2GBプランは1,000円切って月額980円で提供される模様。

いやぁ、もう庶民の味方「イオンさまさま」本当にありがとうって感じですね。

超格安なイオンモバイルは2016年2月26日(金)受付開始です!お見逃しなく!!

AeonMobile-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!